最近の記事

2019年02月19日

発電 毎日更新 ⋅ 2019年2月13日 ニュース



船の上で「バイナリー発電」、エンジン排熱をCO2削減に生かす
神戸製鋼所は開発中の「舶用バイナリー発電システム」を、このほど完成した川崎汽船の石炭専用船「CORONA YOUTHFUL」に搭載し、両社で約3年間の実船 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【インタビュー】「分散型電源の強みを活かして、太陽光発電は次なるステージへ」―平野敦彦 氏(後編)
船舶エンジン余熱で発電 神鋼と川崎汽船が共同研究開始
神戸製鋼所(神戸市中央区)と川崎汽船(本店・同)は、船のエンジンの余熱を使って発電する「バイナリー発電システム」の共同研究を始めた。このほど完成した ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
北陸電力、風力発電の接続可能量が「30日等制御枠」に到達 今後は無制限に
北陸電力(富山県富山市)は2月6日、同社の風力発電設備の接続契約申込量(接続済みを含む)が、「30日等制御枠」である59万kWに達したと発表した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
福島県における再生可能エネルギーの導入促進のための支援事業費補助金(再生可能エネルギー導入 ...
福島県における再生可能エネルギーの導入促進のための支援事業費補助金(再生可能エネルギー導入支援事業)(発電設備等)を開始します。(平成31年度継続 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
順調に進むマタバリ開発事業
総額約5,000億円におよぶ日本の大型円借款案件であるバングラデシュ南西部のマタバリ超々臨界圧石炭火力発電所と深海港の開発が順調に進んでいる。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
東芝、今期純利益8%増に下方修正 発電事業で追加費用
従来予想(14%増の9200億円)から500億円下振れする。発電事業のエネルギーシステムソリューションで、送配電・配電などに関連した追加費用を計上するのが ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
町内会、会社に説明要求 上山・発電施設爆発事故から1週間
上山市金谷の上山工業団地にある「山形バイオマスエネルギー」の発電施設で6日に発生した爆発事故で、金谷地区の町内会が12日、同社に対し、事故の原因と ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
韓国の人工太陽、1億度を初達成…世界核融合をリードする
韓国の「人工太陽」と呼ばれるKSTARが摂氏1億度の超高温達成に成功し、核融合発電に近づいた。国家核融合研究所は13日、核融合発電のための研究 ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 01:33| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード