最近の記事

2019年02月13日

発電 毎日更新 ⋅ 2019年2月12日 ニュース



船の上で「バイナリー発電」、エンジン排熱をCO2削減に生かす
川崎汽船の石炭専用船に神戸製鋼所が開発中の「舶用バイナリーシステム」を搭載。エンジン排熱を活用して発電するシステムで、船舶の運行時 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
心臓の動きで発電してペースメーカーへ給電する技術--ダートマス大学などが開発
さらに、31.6mgの重りをフィルム先端に取り付けたところ、出力が1.82倍になったとしている。この発電機構を複数組み合わせれば、より大きな電力も取り出せる。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
トランプ大統領、TVAに石炭火力発電所の閉鎖見送りを要請
ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、国営電力会社テネシー川流域開発公社(TVA)に対し、石炭火力発電所の閉鎖を見送るよう求めた。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
飲めない水道、止まった発電所…自衛隊イラク派遣15年
自衛隊がイラクに派遣されて15年が過ぎた。支援の中心だった南部サマワでは、時間の経過とともに提供設備やインフラの劣化が進む一方、伝えた技術はいまも ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
稼働して約6年、発電量が増える滋賀の「舗装メガソーラー」
滋賀県湖南市石部北にあるアスファルトコンクリート(アスコン)工場の敷地内に、出力約1.81MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「昭建石部ソーラー発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
MHPS、発電向けデジタル事業を拡充/遠隔監視など支援
三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が発電所向けデジタルソリューションを拡充している。1月21日には長崎市で新たな遠隔監視センター(RMC)を開設したと ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
まだまだ苦しい北朝鮮の電力事情…現場はオンボロ発電機と格闘
江界(カンゲ)青年発電所(発電容量22.4万キロワット)の場合、1970年代にチェコスロバキア(当時)から輸入した設備を使っている。これまでにタービンの羽 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
[特集]中部電力・火力発電所マップ
中部電力は供給力全体の8割以上を火力発電が占めており、中部エリアの安定供給を支えている。同社の火力総合熱効率は2017年度で48.94%(低位発熱 ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 07:38| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード