最近の記事

2019年01月31日

2019−1−30

「パネル近くは不燃性に」 太陽光発電の延焼対策呼び掛け
消費者安全調査委員会(消費者事故調)は28日、住宅用の太陽光発電による火災の調査結果を公表した。構造上、全製品に発火の危険性があるため、太陽光 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
経年劣化・接続不良で発火=住宅用太陽光発電を調査−消費者事故調
住宅用太陽光発電システムで起きた火災などの深刻な事故について、消費者安全調査委員会(消費者事故調)が調べたところ、太陽光パネルの経年劣化や ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風が弱かった”…3億円かけた発電用風車、赤字が2億5000万円まで膨らみ”解体” 「くさつ夢風車」
滋賀県草津市で琵琶湖のシンボルとして親しまれてきた発電用の巨大風車「くさつ夢風車」の解体作業が始まりました。 高さが95mにおよぶ、「くさつ夢風車」は ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
災害時の信号復旧に 可搬式発電機の提供協定
昨年の台風24号で、県西部を中心に多くの信号機が止まったことを受け、県警は二十八日、持ち運びタイプの発動発電機を災害時に優先的に提供してもらう協定 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東工大、振動発電素子のエレクトレットを外付け
MEMS技術を応用した振動発電素子は、小型IoT(モノのインターネット)端末向け電源として注目を集めている。半永久的な電荷を保持する誘電体「エレクトレット」 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
新潟県が「新潟県洋上風力発電情報連絡会議」を開催
新潟県は28日、再生可能エネルギーの取り組みの一環として、「新潟県洋上風力発電情報連絡会議」を新潟市中央区で開催した。参加した関係機関は、国や県、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
冬に最も発電量を稼ぐ北海道浦幌町のメガソーラー
北海道十勝郡浦幌町に、太陽光パネル出力が約1.95MW、パワーコンディショナー(PCS)出力が1.75MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「PVNext EBH ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
凧で風車つるし発電
凧(たこ)を使って上空に上げた風車で発電するユニークな実験が25〜27日、研究者らにより埼玉県熊谷市の妻沼滑空場であった。同じ風力発電でも、風の強い ...
posted by Mark at 01:55| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード