最近の記事

2019年01月26日

2019−1−26

 
  
 
日本郵船、洋上風力発電に参入へ 新法成立受け「挑戦しようと」
海運最大手の日本郵船が、国内で洋上風力発電事業への参入を検討していることが25日、分かった。昨年11月に洋上での発電事業を促進する新たな法律「 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
豪州における分散型太陽光発電事業者の買収について
また、太陽光パネルの価格低下や連邦・州レベルでの支援政策などもあり、住宅・商業施設の屋上を利用した小規模な分散型太陽光発電事業が活発化し、一般 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日立、風車の自社生産撤退 風力発電事業は拡大
日立製作所は25日、風力発電事業で風車の自社生産から撤退する方針を固めた。埠頭工場(茨城県日立市)で発電能力で2000キロワットの風車を年100基程度 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
[変化を追う](35)第4部/発電事業、リスクと可能性(7)
◇DSS急増の火力運用/経済性向上へ現場模索 再生可能エネルギーの導入拡大は、既存の火力発電所の運用に変化をもたらした。その一つがDSS(毎日 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
つがるの風力発電風車落下
24日午後1時半すぎ、青森県つがる市富萢町の小型風力発電機(発電出力19.5キロワット)の風車部分が約20メートルの高さから落下しているのが見つかった。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
丹後・若狭に太陽光発電7カ所 金下建設と京セラなどの合同会社
金下建設と京セラ、オムロン子会社のオムロンフィールドエンジニアリング(OFE、東京)が設立した特別目的会社「丹後太陽光発電合同会社」(京都府宮津市) ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大阪IRで太陽光発電 香港・メルコリゾーツ副社長明かす (1/2ページ)
ウィンクラー氏によれば、メルコは「IR施設の壁面に、映像も表示できるガラス状の太陽光発電パネルを設置する」計画という。風力発電設備も建物に組み込む形 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
NTN:風力発電用状態監視システムの国内導入進む
NTNは、大型風力発電装置の異常兆候を早期検出する状態監視 システム (Condition Monitoring System=CMS)「Wind Doctor」の普及拡大を加速している。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
志賀原子力発電所定期安全レビュー報告書の一部数値の訂正につい
志賀原子力発電所定期安全レビュー報告書の一部数値の訂正について. 当社は、2015年11月より原子力情報コーナー※1で公開している「志賀原子力発電所1 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日立製作所 風力発電機の生産から撤退へ
動画を見る(元記事へ) 大手電機メーカーの日立製作所は、風力発電機の生産から撤退すると発表しました。
posted by Mark at 23:37| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード