最近の記事

2019年01月22日

2019-1-15

【清水建設】小水力発電事業に本格参入 30年までに総発電能力1万kW体制を構築
清水建設は、再生可能エネルギー発電事業の推進に向け、小水力事業に本格参入する。初弾として、富山県内で5月にも約16億円を投じて発電能力960kW ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
国内最大級のバイオマス専焼発電所、福島で着工/中国電力など、21年4月運開へ
中国電力と産業用ガス販売大手のエア・ウォーターが共同で出資するエア・ウォーター&エネルギア・パワー小名浜(福島県いわき市、谷口晋一社長)は11日、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
[変化を追う](29)第4部/発電事業、リスクと可能性(1)
変数多く難しい判断 ◇石炭火力の新規開発に逆風/数年で事業環境が激変 国内の発電事業が大きな転換点を迎えている。2016年4月の電力小売り全面自由 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東京)自家発電機を無償提供へ 人工呼吸器の患者に
東京都八王子市は、自宅で常に人工呼吸器が必要な重い病気の患者らに、災害時の停電対策として自家発電機を無償で提供する。昨年9月の北海道地震で ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
室蘭・港北町のパームヤシ殻バイオマス発電所外観現す
パームヤシ殻(PKS)専焼で国内初のバイオマス発電所「室蘭バイオマス発電所」の全容が見えてきた。室蘭市港北町1の室蘭港中卯ふ頭では、高さ約55 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
あらゆる安全賞を受賞した西部発電、殺人罪で告発
故キム・ヨンギュン市民対策委と遺族は1月8日午前、 故キム・ヨンギュン氏の死に責任がある元請韓国西部発電(株)会社と代表など関係者12人、下請企業の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
パナソニック製「HIT」を採用した守谷市の屋根上メガソーラー
この屋根上を活用したメガソーラー(大規模太陽光発電所)「ロジスクエア守谷発電所」は、太陽光パネル出力が約2.088MW、パワーコンディショナー(PCS)出力 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【株式ニューカマー】自然エネ開発と不動産の2本柱で成長
霞ヶ関キャピタルは、太陽光発電施設開発、投資用不動産開発、ショッピングセンター運営を手掛け、社会課題の解決と成長性が期待できる分野に事業を展開し、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
百貨店屋上から「ドーン」…鉄製ふた国道に落下
酒田署の発表によると、ふたは同店地下のディーゼル発電機から延びるダクトの先端部分で、大きさは約80センチ四方。同時刻頃に発電機の定期点検で試運転 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
北海道以外のエリアで「ブラックアウト」が起こる可能性は?
地震の影響で安全装置が働き、苫東厚真火力発電所を皮切りに、北海道各所の発電所が停止。電力の需要と供給のバランスが崩れ、北海道全体が大停電を ...
posted by Mark at 13:10| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード