最近の記事

2019年01月22日

2019-1-20

木質バイオマス発電が「能率的」なワケ
中部プラントサービス(名古屋市熱田区、伴鋼造社長)は、三重県多気町の木質バイオマス発電所を増設する。既存の出力6750キロワットの「多気バイオパワー」 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
電力“余剰”問題が深刻化…国、原発再稼動で太陽光発電事業者の退場を推進
九州一円が好天に恵まれた1月3日。九州電力は午前9時から午後4時にかけて、太陽光発電の再生可能エネルギー事業者に一時的な発電停止を指示する出力 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
海南火力発電所を廃止へ…関電が地元自治体説明
関西電力が、石油を燃料とする海南火力発電所1〜4号機(和歌山県海南市、総出力210万キロ・ワット)について、廃止する方向で地元自治体に説明していること ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
静岡)家康ゆかりの用水、再エネに 相次ぐ水力発電
徳川家康の命で掘られた農業用水路を起源とする静岡県富士宮市の「北山用水」で、小水力発電所の建設が相次いでいる。大手商社・丸紅の100%子会社・ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電の仕組み おもしろい 富士電機社員が理科教室 南原小学校で
女性社員とともに羽根に見立てたスプーンの角度を調整する子どもたち=高津区の市立南原小学校で発電機などを製作する富士電機川崎工場=川崎市川崎 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【クローズアップ科学】日本の新核融合炉、建設大詰め エネルギー問題解決へ
人類のエネルギー問題を解決するともいわれる「核融合発電を実現させるため、2020年の完成に向け世界最先端の大型実験装置「JT−60SA」(茨城県那珂 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
自然エネルギー、もっと 普及へ政策提言 /大阪
市民団体「原発ゼロの会・大阪」は原発や火力発電に依存せず、自然エネルギーの割合を高めるための政策提言をまとめた=写真は表紙。太陽光発電の普及を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
島根2・3号機のいま/5 火力は「時代に逆行」 市民電力、太陽光に選択肢 /鳥取
島根県浜田市三隅町岡見で、中国電力三隅火力発電所2号機(出力100万キロワット)の建設工事が2022年の運転開始を目指して進められている。11年にあっ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
高島<8007>のフィスコ二期業績予想
19.3期はFIT法改正を追い風に太陽光発電向け蓄電池の販売が好調。産業資材や家電製品向け電子部品も伸びる。ただ賃貸用不動産売却で賃貸収入減少。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アイシス ZGM10G オルタネーター交換
オルタネーターの発電量を確認したところ、ほとんど発電していませんでした、、、 とゆうことで、お客様にチェック済みの中古品をお取り寄せ頂き交換作業です!
posted by Mark at 00:38| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード