最近の記事

2019年01月07日

毎日更新 ⋅ 2019年1月7日 ニュース


発電

体温&太陽光で発電する充電不要のスマートウォッチ「PowerWatch 2」
体温で発電するバッテリー不要のスマートウォッチPowerWatchを開発したMATRIXが、新型スマートウォッチの「PowerWatch 2」を発表しています。新しいモデル ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
比、巨大ダム湖で太陽光発電 官民共同事業 年初の稼働目指す
フィリピンは、国家灌漑(かんがい)庁とSNアボリッツ・パワー(SNAP)が、官民共同プロジェクトとして、太陽光発電事業に取り組む。ルソン島北部のマガット湖の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ドイツの発電構成、2018年に初めて再エネが「40%越え」
「浮体式」洋上風力の導入拡大へ、NEDOが低コスト化技術の実証に着手
NEDOが日本周辺の海域に導入しやすい、浮体式洋上風力発電低コスト化につながる新技術の実証研究に着手。2030年に発電コスト20円/kWhの達成を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
社説:エネルギー 日本は周回遅れの自覚必要
電源の分散化が急務 電力は発電量と使用量が均衡する必要がある。大規模な苫東厚真が停止して道内の電気の需給バランスが崩れ、他の発電所も設備を守る ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
セムコープ、3カ所の倉庫屋上で太陽光発電
シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)セムコープ・インダストリーズは2日、香港系の資産運用会社ARAアセットマネジメント傘下のキャッシュ・ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
サンテックパワージャパン スマエネのシステムインテグレーター 新会社「サンテックスマートエコリビング」設立
本年より、太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)の適用期間が満了となる家庭が出始め、これまでの「売電」から電気を自分で使う「自家消費」への転換期を迎え ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
関市 太陽光発電設置届け出義務化
【関】関市は、民間事業者が太陽光発電設備を設置する際に届け出を義務化させるため、条例素案をとりまとめた。 これまで市では関係者への説明や届け出義務 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
FIT価格“10円時代”でも、ソーラーシェアリングは持続可能なのか? (1/2)
2018年は「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」にとって激動の1年でした。第五次環境基本計画の重点戦略に「営農型太陽光発電の推進」が盛り込まれ、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
データは石油、管理しないと爆発事故
発電できる:環境への影響はさておき石油を使った火力発電所は効率よく発電できる。データでは発電できない。逆にデータを処理するために電気を大量に消費 ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 23:34| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード