最近の記事

2018年12月11日

2018-12-10

洋上風力発電設備の維持管理基準の検討を始めます
経済産業省と国土交通省は、洋上風力発電の導入の円滑化に向け、電気事業法と港湾法の各法に基づく審査手続きの合理化や事業者の負担軽減を図るため、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光の“発電事業者”による新団体「ASPEn」誕生、その設立の狙いとは? (1/4)
2018年11月21日、一般社団法人太陽光発電事業者連盟(ASPEn/アスペン)が設立され、翌22日、城南信用金庫本店(東京都品川区)において設立記念 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東北電、発電出力制御へ備え要請 太陽光や風力 本県は900施設対象
東北電力は7日、本県を含む管内7県で太陽光や風力の発電出力を制御(抑制)する必要性が高まっているとして、1月以降、発電業者らに制御設備の設置や ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
秋田県湯沢市小安(おやす)地域での地熱発電所建設へ向けた環境アセスメントの開始について
地熱発電は天候に左右されずに安定的に電力供給が可能な再生可能エネルギーとして注目されており、2011年に発生した東日本大震災以降、国立・国定公園内 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風をよむAI、発電量増やす
日立製作所や東京大学などの研究グループは人工知能(AI)を活用して風力発電所の発電量を増やす技術の開発に乗り出す。風向きや地形などのデータをAIに ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
捨てるナガイモで再エネ創出、青森に食品廃棄物を活用するバイオガス発電
日本アジア投資が自然エネルギーベンチャーのイーパワー(東京都港区)などと共同で投資した、農業残渣(ざんさ)を活用するバイオガス発電所「青森東北町発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世界初の浮体原子力発電所の第1原子炉が稼動
同社から出された発表によると、ロスアトムのグループ企業の1つアトムフロートがロシアのムルマンスクにあるエリアに錨で留められた同発電所の第1原子炉が10 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電機のIoT対応化製品の提供を開始、東洋電機製造
東洋電機製造は、可搬形エンジン発電機の国内大手メーカーであるデンヨーと発電機のIoT(もののインターネット)対応化製品「お手軽通信パック」を共同開発し、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
県がモデル指針 市町の参考に策定 /静岡
県は太陽光発電設備の適正導入に向けて、市町に参考にしてもらうためのモデルガイドラインを策定した。県内は太陽光発電の導入に積極的な西部と慎重な東部 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
MITのエンジニアが再生可能エネルギーを貯蔵・送電するシステムを考案余剰電力でできた熱を大型タンク ...
この貯蔵システムは、集中型太陽光発電という再生可能エネルギーの高効率化プロジェクトが出発点。この方法は、ソーラーパネルで光を直接電気に変換する ...
posted by Mark at 23:28| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード