最近の記事

2018年12月05日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年12月5日 ニュース



脱石炭で再エネを重視、発電容量2倍の200万kWにー丸紅副社
総合商社の 丸紅は、二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電事業への新規の取り組みをやめ、再生可能エネルギーやガスなどを重視する方針だ。2023 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
清水建設、木質バイオマス発電に参入/出力2000kW未満に照準
長野・東御市で着工/国内間伐材を活用、マツクイムシ被害材も 清水建設が木質バイオマス発電事業に乗り出す。FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度) ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
宮城県加美町に「東西山折り」メガソーラー稼働、発電量20%増
スマートソーラー(東京都中央区)と日本アジア投資は、宮城県加美町で建設を進めてきたメガソーラー(大規模太陽光発電所)「加美ソーラーパーク」が10月19日 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
トランプ政権、石炭火力発電所のCO2関連規制を撤廃へ−関係者
新規の石炭火力発電所に二酸化炭素(CO2)回収技術の導入を義務付けたオバマ前政権時代の規制について、トランプ政権は撤廃を提案する方針だ。計画に ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
清水建設、木質バイオマス発電でESG・SDGs貢献 地域森林資源を活用
発電所の予定発電出力は1,990kW。カラマツ、アカマツ、スギ等の切削チップを燃料とし、ボイラー・蒸気タービン方式による発電を行う。また、施設計画 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
[ワールドエナジー]シンガポール電力全面自由化、発電事業者が苦境に
競争による料金低下が見込まれる半面、シンガポールでは発電設備と天然ガスの余剰に起因する市場価格の下落に伴い、発電事業者が苦境に陥っている。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
自然電力、出力190kW小水力発電所 長野に完成
自然電力(福岡市中央区、092・753・9834)は、長野県小布施町に建設した小水力発電所が完成した。用水路を活用し、出力190キロワットの発電規模で運転 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
モン州に建設中の天然ガス発電所が2019年2月に稼働開始
情報省は、モン州のタトン市郊外に建設中の天然ガス発電所(発電能力:118.9メガワット)がまもなく完成し、2019年2月から発電を開始すると発表した。
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 20:10| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード