最近の記事

2018年11月30日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年11月26日 ニュース



仮想電力発電所をクラウド運用 TIS、新電力などに提供
システム開発のTISは、太陽光発電や蓄電池、電気自動車(EV)などを一つの発電所のように統合する「仮想発電所(VPP)」の立ち上げを支援するサービスを ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
風力発電機のサイズと重さが半分に。超伝導体テープを使った実験がデンマークで公開
風力発電機に超伝導体のテープを用いることで製造コストを削減し、約半分の重量と大きさの装置により従来と同じ発電量を生み出すという「EcoSwing」 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
大停電、今後は大丈夫? 発電集中の解消が課題
電気は発電する量と消費量を絶えず同じにしなければならない原則があります。どちらかが大きくなって需給のバランスが崩れると、電気を一定の品質で届ける ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
超臨界CO2火力発電、米で実証開始/東芝
東芝は22日、高温・高圧の二酸化炭素(CO2)を使ってタービンを回す「超臨界CO2火力発電の実証試験を米国テキサス州で開始したことを明らかにした。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
三重)志摩市の太陽光発電、1年半遅れでようやく着工
カキやアオサの養殖が盛んな三重県志摩市の的矢湾に近い山林で、太陽光発電施設の建設が1年半遅れで始まった。地元漁協などの反対を理由に繰り返し ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
11月26日 世界初の潮力発電所が完成(1966年)
1966年のこの日、フランス北西部、ブルータニュ地方のサン・マロ郊外に位置するランス川河口に、世界初の潮力発電所であるランス潮力発電所が完成しました。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
県境に風力発電 反対の声 住民「動植物、景観に影響」 佐世保隣接 伊万里の尾根 10基計画
佐世保市世知原町と佐賀県伊万里市の県境付近の尾根で、風力発電の建設計画が持ち上がっている。佐世保市側は県立自然公園内で建設が難しいため予定 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
IHI、モザンビークに発電所/同国初のGTCCが完工
IHIは22日、住友商事が主導する企業連合で建設していたモザンビークのガスタービンコンバインドサイクル(GTCC)発電所が完工したと発表した。発電所の出力 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
見向きされなかった廃熱が電気になる! 画期的ユニットが“モッタイナイ”を解消
エネルギー白書によると、日本では石炭、石油、天然ガスなどの一次エネルギーを火力発電などで使用する際に、約3分の2が熱として捨てられている。バレルに ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
posted by Mark at 23:02| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード