最近の記事

2018年11月30日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年11月22日 ニュース



太陽光発電などをAI制御 長野の企業が新システム
太陽光発電設備施工のネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)は20日、人工知能(AI)で電気の出力を制御するリチウムイオン蓄電システムを発売 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
鉄鋼とセメント大手が大規模発電事業を計画
デアセロの同州セラヤ工場は、合弁会社から20年間にわたり、250MWの発電能力の供給を受ける。余剰分は電力卸売市場を通じて売電されるもようだ。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
歴史ある水力発電所を大規模改修、再エネ自給率を高める旭化成
旭化成は2018年11月、宮崎県日之影町に保有する「五ヶ瀬川発電所」の大規模改修工事を行うと発表した。2019年10月に着工し、2021年10月に稼働する予定 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
キノコで発電する、持続可能な未来の照明装置とは?
アメリカのスティーブンス工科大学が、キノコで発電する未来の照明装置を開発した。秋も深まった夜、暗い家に帰ってキノコの照明装置のスイッチを入れるように ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
「営農型発電所」が開所 農業と太陽光発電、二本松有機農業研究会
二本松有機農業研究会(大内督会長)は20日までに、二本松市中里に農業と太陽光発電を同時に行う営農型発電所を開所した。 農地の敷地面積は約20アール ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
北陸電初のLNG火力発電が営業運転開始 富山新港火力発電
北陸電力は21日、富山新港火力発電所(富山県射水市)で建設していた液化天然ガス(LNG)1号機が営業運転を始めたと発表した。LNGを燃料とする発電備 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【再エネの未来】「どこでも発電」社会 地域の電源、ネットで結ぶ
仮想発電所は、太陽光発電や電気自動車、ヒートポンプ式電気給湯器といった、地域に広く分散している発電設備や蓄電池をIoT(モノのインターネット)など新たな ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
秩父新電力、地域のごみ発電から電力調達、再エネ比率35%
秩父新電力によると、同社が供給する電力の再エネ比率は当初約35%で、そのほとんどが廃棄物発電からの電力となる見込み。そのほかの電力は東京電力など ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
日立キャピタルなど、青森でバイオガス発電 原料に長芋残渣
【青森】長芋残渣(ざんさ)を原料とするバイオガス発電所が、青森県東北町のJAゆうき青森敷地内で運転を始めた。イーパワー(東京都港区、松原卓也 ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 22:57| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード