最近の記事

2018年11月11日

三井物産、タイでガス火力発電 総事業費1700億円 日本経済新聞

三井物産、タイでガス火力発電 総事業費1700億円
三井物産は9日、タイで現地企業と組みガス火力発電所を建設、運営すると発表した。発電出力は250万キロワットで25年にわたり売電する。総事業費は1700億 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
  
 
11月10日 営業用原子力発電がはじまる(1965年)
この発電所の原子炉は、天然ウラン−炭酸ガス冷却型。実用規模の営業用原子力発電炉としてイギリスGE社から輸入された黒鉛減速炭酸ガス冷却型原子炉( ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電の仕組み、模型で学ぶ 掛川工高で中電出張授業
掛川市の掛川工業高は9日、同校で中部電力の講師から発電の仕組みを学ぶ出張授業を開いた。浜岡地域事務所の広報担当者を招き、発電施設の構造や電力 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
出光、輸入ペレットで50MWのバイオマス発電、周南市で
出光興産は10月29日、山口県周南市の徳山事業所内において、バイオマス発電所の事業化検討を開始したと発表した。2014年3月に停止した製油所跡地を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
農地発電2カ所目稼働 一関・藤沢、太陽光683世帯分
一関市藤沢町の国営開発農地を活用した「鈴ケ沢太陽光発電所」が完成し、8日に現地で竣工(しゅんこう)式を行った。地上約3・5メートルに太陽光発電パネルを ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
JBICなど、タイの発電事業に1470億円の協調融資
国際協力銀行(JBIC)は9日、三井物産が出資するタイの大型複合火力発電事業に対し、みずほ銀行などと協調融資を実施すると発表した。融資総額は約13億 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
牛久市 発電設備で補助「不当」 会計検査院17年度報告 太陽光、蓄電量達せず
会計検査院の2017年度決算検査報告の県内関係では、牛久市が補助金を活用して市本庁舎に設置した太陽光発電設備と蓄電池設備について、発電余力が ...
posted by Mark at 20:32| Comment(0) | 火力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード