最近の記事

2018年11月09日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年11月8日 ニュース



北海道内の食品関連企業、7割が自家発電機の導入検討
北海道の調査によると、最大震度7を観測した地震直後の大規模停電時に電力を調達できなかった道内の食品関連企業のうち7割が自家発電機の導入を検討し ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
石油火力をバイオマス発電に転換、2023年稼働へ改造がスタート
三菱商事は100%子会社の三菱商事パワーを通じて、2017年4月に関西電力と共同で新会社の相生バイオエナジーを設立し、バイオマス発電の事業化を推進し ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
舟子川用水発電が開所 黒部川改良区「地域に寄与確信」
農業用水路を発電に利用し、土地改良施設管理の負担の軽減や二酸化 ... 長が「完成した発電施設は地域農業、地域社会に寄与すると確信する」とあいさつ。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
茨城県常総市坂手発電所 取得のお知らせ
取得の経緯 昨今、新たな取引市場として、既に稼働している太陽光発電所の売買「太陽光発電所セカンダリー市場」が形成されております。市場調査会社の株式 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
住宅向け太陽光発電システムにフィットした小型軽量化と総発電アップを両立 マルチ入力型パワー ...
四浦半島風力発電 「不適当」答申へ
一方、四浦半島では電源開発(同)が、約150メートルの風車を最大15基設置し、最大6万4500キロワット発電する計画を示している。同課は、佐伯市は反対、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
東京電力、千葉県銚子沖で洋上風力発電の可能性を調査
東京電力ホールディングスは、千葉県銚子沖における洋上風力発電の実現可能性の検証を目的に、2018年11月1日から海底地盤調査を開始した。同海域 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
住宅向け太陽光発電システムにフィットした小型軽量化と総発電アップを両立 マルチ入力型パワー ...
近年の住宅用太陽光発電では、システム設計の自由度が格段に高まるという利点からマルチ入力型のパワコンの採用が進んでおり、ZEHに対応するため、より ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【食品廃棄物で発電】バイオリサイクル工場が本格稼働 JFEエンジ・JR東日本ら
同工場は食品廃棄物をメタン発酵処理し、その過程で発生するバイオガスを利用して発電する。発電した電力は施設で利用するほか、FIT(固定価格買取制度)を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
北極圏に日本の風力発電
【ウラジオストク共同】日本の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7日、ロシア北極圏のサハ共和国ティクシで、共和国や国営電力大手ルスギドロと ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 12:55| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード