最近の記事

2018年11月07日

毎日更新 ⋅ 2018年11月6日 ニュース


発電

製油所跡地にバイオマス発電所を新設、10万世帯分を発電
今回検討を開始したバイオマス発電事業は発電出力5万kW(キロワット)を想定し、年間発電量は一般家庭約10万世帯分に相当する3億6千万kWh(キロワット時) ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
FIT切れの太陽光発電、6電力エリアで10円/kWh買取する「スマートFIT」、スマートテック発表
2019年11月以降、太陽光発電の余った電気を高く買い取ってもらえるFITの期限(10年)が順次終了を迎えます。対象世帯は約53万件と言われ、経済産業省は、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
今後、発電事業者は自社で出力制御を予測することに 政府の検討すすむ
指定電気事業者」とは、再エネ設備(太陽光発電・風力発電の接続申込量が、「接続可能量(30日等出力制御枠)」を超過する可能性がある送配電事業者を、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
香川・豊島の太陽光発電所建設問題 住民が3回目の刑事告発 伐採樹木を放置か
香川県土庄町豊島の太陽光発電所建設予定地周辺の樹木の伐採に関して、廃棄物処理法違反の疑いがあるとして、豊島住民が建設業者を刑事告発しました。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
太陽光発電 収益確保と安定運営に不可欠な情報が分かるフォーラム
太陽光発電事業の「勝ち組でありつづけるため」に必要な正しい知識と情報、新たなヒントを提案する。 潮目が変わる現在の動向を踏まえつつ、「現在の買取価格 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
次世代浮体式 洋上風力発電システムが完成
2018年6月、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日立造船(株)は、次世代浮体式洋上風力発電システムのバージ型浮体を完成 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
在京外交団を対象とした福島県スタディーツアー
その後,参加者はFREA敷地内で開催された地熱発電をテーマとするセミナーに参加し,「福島新エネ社会構想」,国内の地熱発電事業,及び最先端の研究内容の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
芙蓉総合リース、子会社による太陽光発電所の商業運転開始を発表
今回商業運転を開始した太陽光発電所は、シャープエネルギーソリューション株式会社と芙蓉総合リースの共同出資により設立した「合同会社クリスタル・クリア・ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
<平成 この日、>玄海原発、プルサーマル発電開始=平成21年11月5日(9年前)
東松浦郡玄海町の玄海原発3号機で、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を装てんした原子炉が起動した。使用済み核燃料を再処理して使う ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 20:02| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード