最近の記事

2018年11月06日

2018-11-4

 Google 
 発電
毎日更新2018年11月4日
 
 ニュース 
 
出力抑制、風力発電でも 九電が初の実施 太陽光に続き
九州電力は3日、大停電の回避を目的に再生可能エネルギーの受け入れを一部遮断する「出力抑制」を実施した。先月中旬に離島を除き国内で初めて実行して ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【太陽光発電は人を幸せにするか】(16)業者は工事を強行 決め手がない伊東市は住民と業者の板挟みに
八幡野で建設計画がある伊豆高原メガソーラーパーク発電所の敷地内で、事業主体の伊豆メガソーラーパーク合同会社(静岡県伊東市八幡野)が10月15日、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
袖ケ浦に石炭火力発電所建設 8割が「計画」知らない
非政府組織(NGO)「グリーンピース・ジャパン」(東京都)は、袖ケ浦市で建設計画が進む石炭火力発電所に関して、周辺住民計千人に意識調査をした ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ロスアトム、ロシア初浮体原子力発電所の原子力を起動
浮体原子力発電所『アカデミック・ロモノソフ』右舷の原子炉システムは金曜日に起動した。原子炉システムは日本時間23時58分に最小制御出力レベルに達した」.
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<東北電>プロペラ水車、入念に点検 福島・信夫発電所の作業公開
東北電力は、福島市の信夫発電所で進めている水車発電機の大規模点検作業を報道関係者に公開した。直径3メートルのプロペラ水車や重さ70トンの発電装置 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
1974年のプロトタイプウォッチが光発電を搭載して現代に蘇った!?
シチズンを代表するテクノロジー「光発電エコ・ドライブ」に発展する初めの一歩と言われている、1974年にプロトタイプとして発表された「太陽電池搭載ウオッチ」。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
三峡ダム、今年の試験的貯水を完了、発電や給水に力強いサポート―中国
これは三峡ダムが9年連続で175メートルの試験的貯水任務を完了し、今冬及び来春の発電・水運・給水・生態に力強いサポートを提供することを意味する。新華網 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<原発のない国へ 全域停電に学ぶ> (1)北海道電安定供給を犠牲に
北海道電は泊原発(泊村、総出力二百七万キロワット)と、石炭が燃料の苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(厚真町、同百六十五万キロワット)を電源の柱 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
諏訪湖貧酸素対策の装置 沿岸域の改善に有効
電力供給関連を担当した同クラブの磯道善彦さんによると、太陽光発電では予算の関係でバッテリーの台数を抑えたため、発電量に対する蓄電の容量が少なく、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
原発問題/住民目線で事故検証を/新潟でシンポ “再稼働、無理ある”
原発事故の検証と再稼働問題」をテーマに第38回原子力発電問題全国シンポジウムが3日から2日間の日程で、新潟市内で始まりました。主催は日本科学者 ...
posted by Mark at 14:27| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード