最近の記事

2018年11月06日

2018-11-2

 Google 
 発電
毎日更新2018年11月3日
 
 ニュース 
 
東日本震災から生まれた“軽水力発電機”が途上国で活躍している
茨城製作所(茨城県日立市、菊池伯夫社長、0294・21・5135)は、軽水力発電機「Cappa(カッパ)」を開発すると同時に、国内や途上国の子ども向けに環境 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
韓国、世界最大級の太陽光発電所を建設へ
韓国に2022年、3GWのソーラーパークが誕生する。韓国当局は、2030年までに計30.8GWの太陽光発電所を建設する意向。PV Magazineが、韓国の文 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
農業用水を活用する小水力発電所、会津電力が福島県に建設
再生可能エネルギー事業に取り組む会津電力(福島県喜多方市)が、2017年12月から工事を進めてきた「戸ノ口堰小水力発電所」がこのほど完成した。同社初と ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
世界初、再エネ水素由来のアンモニアでCO2フリー発電に成功
日揮および産業技術総合研究所(以下、産総研)などの研究グループは2018年10月、再生可能エネルギーによる水の電気分解で製造した水素を原料とする ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【太陽光発電は人を幸せにするか】(15) 賛成の自治体も反対へ 「地元軽視だ」外資への募る不信 知らぬ ...
野球で言えば9回まで大差で勝っていた試合をひっくり返されて負けたようなもの。地元を軽視し過ぎだ。話にならない…」 関係者が肝を冷やしたニュースは25日 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
住田・遠野に風力発電 東京の企業計画、20年着工
風力発電事業を手掛けるグリーンパワーインベストメント(東京都港区、坂木満社長)は住田町と遠野市にまたがる地域で整備を計画している。着工は2020年4 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
松浦発電所1号機の運転を復帰しました −ボイラーの点検・修理が完了し、通常運転復帰−
松浦発電所1号機(石炭:70万kW)は、9月1日(土曜日)機出力70万kWで運転中、ボイラーに送る水の量が増えたことから、蒸気漏洩の疑いがあると判断 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
電気の地産地消 実情は
鹿追町では、佐々木とし子道議予定候補の案内で、バイオマス(生物資源)発電に取り組む環境保全センターを視察。同施設は、家畜の排せつ物を発酵し、分解 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電、斜面災害、土砂流出も影響調査
太陽光発電施設等」を環境影響評価(環境アセスメント)法の対象とすることを視野に入れ、評価手法や事業の規模要件などを検討している環境省は11月1日、「
posted by Mark at 14:25| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード