最近の記事

2018年10月30日

毎日更新 ⋅ 2018年10月28日 ニュース


発電

発電しながら空を飛ぶ、ハイブリッド飛行機を米企業が開発中
電動飛行機の弱点は、重いバッテリーを大量に飛ばす必要があること。そんな弱点を克服すべく米スタートアップが考案したアイデアは、ガスタービンで発電し ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
太陽光発電など最新設備完備 京都・鴨沂高の新校舎落成
新たに、発光ダイオード(LED)照明や太陽光発電、Wi―Fi環境の整備など最新設備を取り入れた。 同窓会が主催した式典では、卒業生で京都大の苧阪直行( ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
再エネの現実 『拡大にハードル』 エネルギーミックスで安定供給
国が7月に決定した新たなエネルギー基本計画では、太陽光や風力といった再生可能エネルギーについて、「主力電源化を目指す」と明記された。再エネは発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
営農型発電設置の市町村 関東、東海、四国で普及進む 最多は八街市(千葉)
太陽光パネルの下で作物を育てる「営農型発電のコンサルタントや情報収集を手掛ける全国営農型発電協会は、営農型発電の市町村別の実績をまとめた。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 北海道地震後、なぜ大規模停電?=回答・和田憲二
A 地震直後、電力の半分近くを供給していた苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所の全3基(当時の出力は計約150万キロワット)が配管の損傷などで停止。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
石炭火力問題サミット 「市民の声が大事」計画への影響指摘
東京湾沿岸で建設計画が進む石炭火力発電所の環境への影響や住民活動の意義などを考える「東京湾石炭火力問題サミット」(県弁護士会主催)が二十七日、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
敦賀原発に理解を 市が奈良・天理市民招く
敦賀市は原発事故時の県外避難先である奈良県四市の住民を招く事業を始めた。二十七日は初回として、天理市民が日本原子力発電敦賀原発(敦賀市)など ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
伊方原発3号機「臨界」 発送電10/30開始、11月末営業運転へ
今後は、核分裂による熱を利用して発生させた蒸気でタービンを回し、回転数を上げて30日に発電機と送電系統をつなぐ。その後、徐々に出力を上げていき、11 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
スポーツで社会貢献、大学生が政策提言
東海大学大津ゼミのチームは、車通勤を徒歩に変えることで、地球温暖化の改善につなげる案を提言した。30〜50代の人に振動で発電する電池を勤務先から ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 00:05| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード