最近の記事

2018年10月26日

九州「太陽光で発電しすぎ問題」とは何なのか

 
 
水力発電 データで賢く 経産省、気象予測し効率化
経済産業省は気象データを活用し、水力発電所の発電量を増やす取り組みを始める。雨や雪解け水などダムに流れ込む水量を予測し、発電に必要な水量を確保 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大和ハウスの水力発電所が完成、発電した電力は自社の電力小売事業に
大和ハウス工業、シグマパワーホールディングス(東京都港区)および坂本土木(岐阜県飛騨市)の3社は、DTS飛騨水力発電岐阜県飛騨市)を2014年12月に ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
カザフスタンの太陽光発電で契約獲得を目指す=インド社〔BW〕
【ビジネスワイヤ】グリーン・エネルギー企業の印スターリング・アンド・ウィルソンは、カザフスタンの太陽光発電プロジェクトでEPC契約の獲得を目指すと発表した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
西日本最大級の水上太陽光発電所 稲美町に完成
兵庫県稲美町のため池、広谷池に、水上設置型では西日本最大級となる太陽光発電所が完成した。建設機械装置部品製造の二川工業製作所(加古川市)が ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「太陽光発電→水素→アンモニア→ガスタービン発電の実験が成功
この研究では、福島県郡山市の産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所の敷地内に設置されている太陽光発電設備による水の電気分解を通じて ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東市来に大型風力発電 南国子会社着工 太陽光と併設 3000世帯分
南国殖産(鹿児島市)の子会社・九州おひさま発電は、自社の日置養母太陽光発電所(日置市東市来)敷地内に出力2000キロワットの風車3基を備える大型風力 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日立造船、ごみ焼却発電施設の遠隔監視センターが完成
日立造船は23日、同社が全国の自治体などに納入しているごみ焼却発電プラントを24時間モニタリングする遠隔監視・運転支援センター(大阪市住之江区)を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
神奈川県の「太陽光発電+蓄電システム補助金」、採択数3倍に拡大
神奈川県は11月1日から、太陽光発電による電力を効果的に利用する蓄電システムの導入促進を図るため、新たに太陽光発電システムと併せて導入する蓄電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【ニュース早わかり】再生エネルギーを主力に 30年に全発電の2割強、計画定める
太陽光や風力など再生可能エネルギーを「主力電源化」すると明記。発電に占める割合を2016年度の14.5%から30年度には22〜24%にする目標に向けて政策 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
平成30年度発電炉施設検査情報システムの整備
原子力規制委員会のホームページです。平成30年度発電炉施設検査情報システムの整備の情報を掲載しています。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大飯発電所3号機の新燃料輸送について
当社は、大飯発電所3号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力118万キロワット、定格熱出力342万3千キロワット)の新燃料集合体を三菱原子燃料株式会社より、 ...
posted by Mark at 13:45| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード