最近の記事

2018年10月23日

九電、3回目の太陽光発電停止…21日に4回目 読売新聞


発電
毎日更新  2018年10月21日
ニュース 


九州電力は20日、一部の事業者の太陽光発電を一時停止させる「出力制御」を実施した。離島を除き全国で初めて行った13、14日に続いて3回目。九電は20 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
国際協力銀など、インドネシアのLNG発電に協調融資
国際協力銀行(JBIC)などは、インドネシアで液化天然ガス(LNG)を用いる火力発電事業に13億1200万ドル(約1470億円)を協調融資する。運営会社には丸紅 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【太陽光発電は人を幸せにするか】(12) 中国系企業も参加 千代田区1個分を外資が開発へ
スペイン系のエネルギー関連会社「UNIVERGY(ユニバージー)」(日本本部、東京都港区)が山形県内の2カ所に東日本最大規模の太陽光発電所を計画して ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
(社説)風力発電 洋上活用に環境整備を
海外で風力は、設備の大型化や発電コストの低下が進み、急速に伸びている。対照的に、国内での普及のペースは遅い。発電量に占める割合は1%に満たず、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
(社説)風力発電 洋上活用に環境整備を
日本で再生可能エネルギーが主力電源となるためには、太陽光に比べて立ち遅れている風力発電の大幅拡大が必須だ。 山林が多く海に囲まれた日本では、風力 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
部品折れ原因か 北陸電、中間報告 /石川
北陸電力七尾大田火力発電所2号機(七尾市大田町)で9月に起きた火災について、同社は19日、低圧タービンの翼が折れてバランスが崩れたことが潤滑油漏れ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
日本にも胸像 「台湾電力の父」松木幹一郎を改めて評価 愛媛で遺品展示
当時、東洋一を誇ったダム湖「日月潭(じつげつたん)」だが、ダムと発電所の建設は大正15年に資金不足のため中止された経緯がある。松木の社長就任で再開 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
マツダ流EV車の勝算 ロータリーエンジン技術への期待
マツダが2020年に電気自動車(EV)を発売する。いまさらEVは珍しくもないが、マツダの売りは独自のロータリーエンジン(RE)技術を補助用に使い、航続距離 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
福島第1原発、進まぬ核燃料取り出し 初歩的ミス続発
東京電力福島第1原子力発電所で、3号機の使用済み核燃料プールからの取り出し作業が滞っている。準備段階で専用の取り出し機器に不具合が相次いだ。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
免震装置データ改ざん オイルダンパー、非常用電源建屋に32基 浜岡原発 /静岡
油圧機器メーカーKYBと子会社による免震・制振装置の検査データ改ざん問題で、中部電力は19日、浜岡原発の非常用ガスタービン発電機がある建屋にKYB ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 09:10| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード