最近の記事

2018年10月21日

毎日更新 ⋅ 2018年10月4日 ニュース


発電

次世代地熱発電、50年の実用化めざし技術開発 NEDOなど
産官学が協力して新たな地熱発電の技術開発に乗り出す。今は地下数百メートル〜3キロメートル程度から蒸気を取り出しているが、熱に強い機器や資源の埋蔵 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
発電用石炭16%上げ 東北電とグレンコアの年間契約
東北電力とスイスの資源大手グレンコアは3日までに、発電用石炭(一般炭)の10月からの年間契約価格を1年前に比べ16%上げることで合意した。中国やインド ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ベルギーにおける天然ガス火力発電所の株式売却について
ベルギーにおける天然ガス火力発電所の株式売却について ... 高史、以下「東京ガス」)は、このたび、ベルギーの天然ガス火力発電所の運営を行うティー パワー ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
日本の発電量、3割賄う
日本にとって石炭は重要な発電燃料だ。2011年の東日本大震災後に原子力発電所が停止し、火力発電比率が上昇。石炭は発電量全体の約3割を占め、液化 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
三重県、太陽光発電の「保守点検事業者データベース登録制度」を開始
三重県では10月2日、太陽光発電設備の保守点検事業者の実態把握と事業者への情報発信のため、「三重県太陽光発電保守点検事業者データベース登録 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
超高層ビルが単独で発電するための革新的BIPV製品をHanergyが発表
【北京2018年10月2日PR Newswire=共同通信JBN】. *同社の新しいBIPV(建物一体型太陽光発電)製品は、未来の環境保護ビルの基準を設定. 世界最大の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【セミナーご案内】サーマルリサイクル・ごみ発電の最新動向と展望 11月7日(水)開催 主催:(株)シー ...
シーエムシー・リサーチでは、2018年3月末に「熱利用技術の基礎と最新動向 〜バイナリー発電を中心に〜」(著者:森 豊 氏)を発行しました。当該書籍は、「刊行 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
赤字の風車、売却へ 熊本県営・阿蘇車帰風力発電
県企業局は3日、2億円超の累積赤字を抱える「阿蘇車帰[くるまがえり]風力発電所」(阿蘇市)を、公募で民間事業者に譲渡する方針を明らかにした。開設当初 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ブラックアウトを教訓に
今回のブラックアウトは、苫東厚真火力発電所が地震で緊急停止したことで電気の供給能力が低下、電気の需給バランスが大きく崩れ、周波数の低下に伴う発電 ...
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 10:37| Comment(0) | 地熱発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード