最近の記事

2018年10月21日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年9月28日 ニュース



IoTで水力発電を効率化、年間3000万kWhの発電量アップを目指す
関西電力がIoTやAIを活用してダムにおける水力発電所の発電量アップを目指す研究開発を開始。年間最大約3000万kWh(キロワット時)の発電量の増加を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
異常気象でテーマ性再燃、バイオマス発電で輝き放つ銘柄群 <株探トップ特集>
バイオマス発電とは、木くずや可燃ごみなど生物由来の有機物資源(バイオマス)を燃やすなどして出る水蒸気やガスを使って、タービンを回し発電する仕組み。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
山梨県議会、太陽光発電で議連発足 立地規制の条例化検討
県議会で26日、太陽光発電設備の適正化に関する議員連盟が発足した。立地規制などを想定し、条例化を検討していくことになった。会長に就任した河西敏郎 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
宮崎でダム・発電所見学ツアー 九州電力が設備を特別案内
JTBと九州電力は、ダムや水力発電所、再生可能エネルギーに関心が高い人を対象に、宮崎県耳川水系にある九州電力の上椎葉ダム・発電所などを見学する ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
「バイオマス発電」が13位、北海道胆振東部地震に伴うブラックアウト発生で関心高まる<注目テーマ>
バイオマス発電とは、木くずや可燃ごみなど生物由来の有機物資源(バイオマス)を燃やすなどして出る水蒸気やガスを使い、タービンを回して発電する仕組み。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
秋田)洋上風力発電に期待と不安 沿岸部で計画相次ぐ
港や沖合に立てた風車で発電する「洋上風力発電の計画が秋田県内で相次いでいる。すべて実施されれば、八峰町から由利本荘市までの港を含む沿岸部に、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
中部電力など、米子のバイオマス発電に出資
残り:373文字/本文:373文字). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ・ ログインして記事本文を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
熱いぞ地域の発電方法 八幡平市・西根一中で特別授業
JOGMEC、同市の松川地熱発電所を管理する東北自然エネルギー(仙台市)の社員ら4人が講師を務め、地熱発電の流れを模型で紹介。自然の蒸気を使った ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
中部電力など4社が鳥取で木質バイオ発電
米子市の和田浜工業団地内に出力5万4500キロワットのバイオマス専焼の発電所を建設する。2019年9月に着工し、運転開始は22年3月を予定する。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
沖縄ガスなど新電力に出資 発電事業へ本格参入
新電力大手のイーレックス(東京都、本名均社長)は27日、沖縄県うるま市に建設予定のバイオマス発電所を運営する「沖縄うるまニューエナジー」(本名均社長) ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ウェブ 
太陽光発電事業セミナー〜保守点検
太陽光発電施設の保守点検、設計・施工の最新の知識を習得して頂くために、太陽光発電事業セミナーを実施します。太陽光発電事業者の方、保守点検事業者 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
水力発電所の巡視点検を強化
電力の安定供給を継続するため、各水力発電所では定期巡視・点検に加え、臨. 時巡視を実施しています。臨時巡視では、水車発電機や制御装置、取水設備の.
Google PlusFacebookTwitter
posted by Mark at 10:27| Comment(0) | 水力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード