最近の記事

2018年09月29日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年9月14日 ニュース





シーテック、岐阜・下呂市の小水力発電所の運転開始
【名古屋】中部電力グループのシーテック(名古屋市瑞穂区、松山彰社長、052・852・6911)は、岐阜県下呂市で小水力発電所「さこれ水力発電所」の営業運転を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
電力供給、自家発電が支え 北海道内工場が50万キロワット
自家発電設備を持つ北海道内の工場が、全道の電力供給を支えている。北海道電力によると現状の電力供給力353万キロワットのうち、中規模の火力発電所に ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
苫東厚真発電所の敷地で液状化
北海道電力は13日、地震の震源地に近く、北海道全域の停電の原因となった苫東厚真火力発電所(厚真町)の敷地内数カ所で、地面や道路が数十センチ陥没 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
燃料を使わずに発電タービンを回す回転技術[RT2]の実用化に向けた取り組みを開始
リリース発行企業:株式会社ラムロックテクノロジー. 株式会社ラムロックテクノロジーは、燃料(石油や原子力)を使わずに発電タービンを回転させることが可能な ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
北海道電、水力発電を追加稼働
北海道電力は13日、京極揚水発電所1号機(北海道京極町、20万キロワット)が稼働したと発表した。14日には同2号機(20万キロワット)も稼働する見通し。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
平成30年度「くまもと県民発電所」事業可能性調査支援事業補助金の公募について
熊本県では、県民や県内事業者が参画し、県内の豊かな自然エネルギーを生かした発電事業を行うことで、県民や地域がその利益(恵み)を享受できる仕組みを ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
大王製紙、環境対策に力 売電用バイオマス発電所を新設
パルプを作る工程で出る廃液の樹脂成分を使い、売電用のバイオマス発電所を2020年7月に稼働。古紙を回収する過程で出る抽出成分を製紙工程に再び投入 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
平成30年度「地熱発電に対する理解促進事業費補助金(三次公募)」の公募結果について〜九州管内の1 ...
九州経済産業局では、平成30年度地熱発電に対する理解促進事業(三次公募)について、以下のとおり1件の事業を採択しましたので、お知らせします。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
超臨界水を用いた地熱発電、NEDOが井戸掘削の事前調査に着手
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は13日、地下深部にある高温・高圧の「超臨界水」を用いた地熱発電の調査井戸を掘削するための事前調査に ...
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 01:34| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード