最近の記事

2018年09月29日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年9月16日 ニュース





発電機、危険な屋内使用…停電中3人CO中毒死
最大震度7の地震を観測し、ほぼ全域が停電する「ブラックアウト」に見舞われた北海道で、土砂崩れなどによる死者41人とは別に、家庭用の小型発電機を屋内で ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
札幌・食の祭典 発電機用意 8日遅れ開幕
実行委員会によると、例年は二百万人以上が訪れる。北海道電力の供給不足に伴う節電で、会場の店舗の冷蔵庫などに必要な電力は軽油を使う発電機で賄う。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
(8) 積極誘致姿勢だった佃弘巳前市長の「影」が徘徊する静岡県伊東市
記録的な猛暑に日本列島が見舞われた8月2日、静岡県伊東市八幡野の山林にヘルメット姿の作業員らが集まった。伊豆高原メガソーラーパーク発電所の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
自社火力、LNG転換 環境負荷を低減 発電所更新、22年から /宮崎
旭化成は12日、宮崎県延岡市にある自社の火力発電所(出力3万4000キロワット)を更新し、燃料を石炭からLNG(液化天然ガス)に転換すると発表した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
苫東厚真発電機、耐震は最低の震度5相当
地震による損傷で北海道全域の停電を引き起こした苫東厚真(とまとうあつま)発電所の発電機が耐震基準上、最低の震度5相当だったことが判明した。北海道 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
火力発電所、差し止め請求 「環境守るための裁判」 原告団、意義語る /兵庫
よい環境を次世代に引き継ぎたい−−。神戸製鋼所が神戸市灘区で進めている石炭火力発電所の増設計画をめぐり、地元住民らが14日に起こした建設・稼働 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
全道停電(ブラックアウト) 背景に原発固執
6日未明、震源地に近い厚真町の苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所が緊急停止しました。同発電所3基の総出力は165万キロワットで、道内の電力需要の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
中国系太陽光発電会社 投資を増やす カンボジア[経済]
日照時間が世界で最も長い国の1つであるカンボジアは、世界で活況にある太陽エネルギー産業において魅力的な市場だ。13日、中国系太陽光発電会社である ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【太陽光発電は人を幸せにするか】(8) 積極誘致姿勢だった佃弘巳前市長の「影」が徘徊する静岡県伊東市
8月2日に始まった伊豆高原メガソーラーパークの現場事務所の建設工事=8月3日、静岡県伊東市八幡野(三枝玄太郎撮影) ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
北海道地震:苫東厚真発電機、耐震は最低の震度5相当
地震による損傷で北海道全域の停電を引き起こした苫東厚真発電発電機が耐震基準上、最低の震度5相当だったことが判明した。地盤の軟弱さや地形など ...
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 01:33| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード