最近の記事

2018年09月13日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年9月13日 ニュース





企業節電四苦八苦 自家発電や操業短縮
ただ、自家発電機は使用しているものの、節電のため生産は三つあるラインのうち二つにとどめており、「電力使用を削減する体制を探っている状況」(広報)。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
逗子で「横須賀の石炭火力発電所建設を考える」セミナー、高校生ファシリテーターと
セミナー「横須賀の石炭火力発電所建設を考える〜逗子の海に空に、PM2.5が降ってくる?!」が9月16日、逗子文化プラザ市民交流センターの会議室で行われる。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
発電量や日射量のデータ送信が停止、原因はカラス
鳥によるトラブルとして、太陽光パネルにこびり付くフンは、多くの発電所で悩みの種になっている。このほかにも、カラスが飛来し、太陽光パネルの上に石を落とし ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
政府が太陽光発電のコスト目標を見直しへ、入札制度を2MW未満に拡大も (1/2)
経済産業省・資源エネルギー庁は、「2030年に7円/kWh」という現行の太陽光発電発電コスト目標を、前倒しで達成する新しい方針を示した。同時にコスト低減 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
原発発電量、30年10%減も IAEA報告
【ジュネーブ=細川倫太郎】国際原子力機関(IAEA)は世界の原子力発電所の発電容量が2030年までに10%以上減る可能性があるとの予測をまとめた。老朽化 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
石狩データセンターの非常用発電機が停止し、商用電源に切り替わる瞬間の動画
2018年9月6日に北海道で発生した地震の影響による停電で、北海道電力からの電力供給を失い、ディーゼル発電機による発電稼働を続けていたさくら ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
苫東厚真火力発電所、敷地内で液状化 痕跡を空撮で確認
北海道のほぼ全域にわたる停電(ブラックアウト)を引き起こす原因の一つとなった北海道電力の苫東厚真火力発電(北海道厚真町)で、敷地内の道路の一部 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
北海道)自家発電なく、9時間ダウン 旭川市役所
旭川市は、北海道内で最大震度7が観測された6日、市総合庁舎に自家発電装置がないため、停電などにより、市役所のネットワークが9時間にわたってダウンし ...
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 21:31| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード