最近の記事

2018年08月30日

毎日更新 ⋅ 2018年8月30日 ニュース


発電


水力発電ならぬコンクリート力発電が誕生。瓦礫でも発電できます
家庭に電気を送る電力系統は、使う分だけ発電して需給バランスをとらなきゃならないので微調整用の蓄電技術を装備しています。その主役は「揚水発電」、つまり ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
東芝が火力発電事業に大ナタ、再建で兄貴分GEの領域侵す覚悟はあるか
東芝が、タービンなどを製造する火力発電機器事業に大ナタを振るうことになりそうだ。人員削減は必至で、低収益から脱することができなければ存続も危ぶまれる ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ツキノワグマが太陽光発電所に! 点検時に敷地内で遭遇
山林の近くに位置する太陽光発電所では、周囲にさまざまな野生動物が生息している。動物の身になれば、元々そこに生息し、活動していた一帯に、たまたま太陽 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
物材機構、わずかな温度差で発電アルミなどで新材料
物質・材料研究機構(茨城県つくば市)の高際良樹主任研究員はアルミニウムと鉄、シリコンからわずかな温度差を利用して発電できる新材料を開発した。あらゆる ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
水力発電ならぬコンクリート力発電が誕生。瓦礫でもOK
第3の蓄電技術になるのでしょうか…? 家庭に電気を送る電力系統は、使う分だけ発電して需給バランスをとらなきゃならないので微調整用の蓄電技術を装備し ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
日本の「水力発電」を増強する4つの改革案
同会議の座長を務める竹村公太郎氏によれば、既存ダムの能力増強により、水力発電量を2〜3倍に増やせるからだ(「福島はなぜ「水力発電の増強を目指す ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
風力発電産業の拠点へ 市内の企業連携、いわきに推進協発足
いわき市の風力発電設備製造拠点化を目指す企業でつくる「いわきウィンドバレー推進協議会」が29日、同市で発足した。市内の企業が連携、協力し、部品製造や ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
庄内地方で初始動 県が遊佐町に建設 /山形
県が建設した小水力発電施設では庄内地方で初となる「平津小水力発電所」が遊佐町小原田に完成し、27日に通電式が行われた。時田博機町長らが通電ボタン ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
風力発電参入目指し地域一体 「いわき推進協」発足
地域で風力発電産業への参入と製造拠点化の実現を目指す「いわきウインドバレー推進協議会」が二十九日、発足した。いわき市に本社や事業所を置く企業十社 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ウェブ 
第620回原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合
原子力規制委員会のホームページです。原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合の情報を掲載しています。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
乙金浄水場小水力発電設備点検業務委託
1 件名. 乙金浄水場小水力発電設備点検業務委託. 2 概要. 小水力発電機本体,発電機盤,電動弁制御盤,変圧器盤,系統連携盤の点検業務 ...
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 21:42| Comment(0) | 水力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード