最近の記事

2018年08月30日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年8月26日 ニュース





(2)土台がドラム缶の太陽光発電所 ぬりかべのように迫るパネル… 「地球にやさしいまち」はいま
太陽光発電は熱源が太陽光だから、当然、日射量は多い方が良い。一方で太陽電池の中には、高温に弱く、熱交換比率が下がってしまうものがある。だが北杜市 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
NYに事務所 海外発電事業、加速へ 11月開設
九州電力は11月にも、グループで唯一となる海外事務所を米ニューヨークに開設する。米国でのガス火力発電事業への参画が相次ぐ中、案件の管理と今後の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
<紀伊水害7年>全壊を教訓 発電所再開
長殿発電所は、約10キロ離れた天川村から導水路で運んだ水を高さ約190メートルの山腹から落下させ、水車を回して発電する。県内12か所ある水力発電所の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ラオス水力発電計画、宙に ダム決壊1カ月 新安全基準づくり急ぐ
水力発電の売電収入で稼ぐラオス政府の構想は宙に浮いている。 7月のセピアンセナムノイダムの決壊事故は周辺の村に甚大な被害をもたらした。ラオス国営 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【太陽光発電は人を幸せにするか】(1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいい ...
ぬりかべ」のように県道の両側に屹立する太陽光パネル=山梨県北杜市高根町上黒沢(北杜市太陽光発電を考える市民ネットワーク提供) ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
住宅用太陽光に「19年問題」 売電価格下落懸念、普及足踏みも
住宅用太陽光発電が2019年に岐路を迎える。10年間を期限とする余剰電力の買い取り制度が終了する住宅が出始めるためだ。懸念されるのは、売却先の消失 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
昭和シェル、米国で天然ガス火力発電事業に参画
昭和シェル石油株式会社(以下「昭和シェル」)は8月24日、日本政策投資銀行とともに、米国で天然ガスを燃料とした火力発電事業に参画すると発表した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ネクストエナジー、リボーン(R)補償サービス付きリチウムイオン蓄電システムを販売開始
来年には、住宅用太陽光発電の固定価格買取制度がスタートから10年が経過することから、この適用が終了する住宅数が約56万件となり、以降も増加が見込ま ...
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 21:35| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード