最近の記事

2018年08月01日

発電 毎日更新 ⋅ 2018年8月1日 ニュース





 
大阪ガス、県内でバイオマス発電
大阪ガスは31日、千葉県袖ケ浦市にバイオマス発電所を建設すると発表した。出力は7万5千キロワット。2022年7月の稼働を目指す。投資額は数百億円を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
増収増益、発電効率上がり 4〜6月期連結決算
発電効率が高い西名古屋火力発電所の運転開始などで燃料費削減の効果もあり、増益を確保した。 昨年4月から参入した都市ガスの小売りの契約は7月末時点 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
完成 県内初、循環型クリーンエネルギー 排液も肥料に 宇佐 /大分
県内で初めての焼酎粕(かす)を利用した本格的なバイオガス発電所が宇佐市日足(ひあし)に完成した。焼酎粕を発酵させて取り出したメタンガスでタービンを回し ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
三井住友信託銀、石炭火力発電に原則融資せず
三井住友信託銀行は二酸化炭素(CO2)の排出量が多い石炭火力発電事業向けの融資を国内外で原則やめる方針だ。気候変動への影響を懸念する機関投資家 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
社会科見学@沖縄D 具志川火力発電所・電気科学館(うるま市)体験型アトラクションで電気を学ぶ
沖縄電力具志川火力発電所・電気科学館」は、暮らしに欠かせない電気をつくり出す石炭火力発電所を事前予約で見学できる。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
磁気熱電効果が従来の10倍以上、環境発電に期待
非磁性半導体を用いるこれまでの熱電変換素子は、発電方向が温度差の方向と同じであり、複雑な立体構造となる。このため熱発電ステムの大型化や高集積 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
和田浜バイオマス発電で環境安全協定締結
鳥取県米子市の和田浜工業団地でバイオマス発電所の建設を計画するシンエネルギー開発(群馬県、高橋伸也社長)と地元の大篠津、和田、崎津の3自治連合 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
再エネ発電事業に新義務「廃棄費用に関する報告」 10kW未満太陽光は不要
FIT認定を受けた事業については、法令上の認定基準として、認定を受けた発電設備の設置に要した費用の報告(設置費用報告)と、認定発電設備の年間の運転 ...
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 21:58| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード