最近の記事

2018年07月27日

時代は再生可能エネルギー

時代は再生可能エネルギー
しかし固定価格買い取り制度(FIT)が大きな起爆剤になり、かなり普及が進んできた。ただ、この買い取り価格が当初はかなり高額だった。賦課金という形で国民 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電、顧客参加型の取引サービス=19年秋以降、再エネ買い取り継続
... を国が定めた価格で買う「固定価格買い取り制度(FIT)」が順次期間満了するのを受け、中部電が仲介役となり、家族や自治体と電力のシェアなどをできる場を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電がFIT以降の新ビジネスモデル、顧客参加型「これからデンキ」を発表
2019年11月以降、再生可能エネルギーの固定価格での買い取り(FIT)が順次終了し、電力会社の買い取り義務が無くなっても、中部電力は引き続き、積極的な ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
3本の柱で日本のエネルギー市場攻略を目指すシーメンス
再エネの普及拡大の流れに沿って、バイオマス発電でも固定価格取制度(FIT:FeedinTariff)が開始された一方で、着工までたどり着いていない案件も相当数 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
老朽化した水力発電所 福岡県が黒字化・設備更新の計画を公募
企業局によると、このうち大渕発電所・木屋発電所(1963年10月完成)は老朽化が進んでいるため、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)を活用 ...
posted by Mark at 09:55| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード