最近の記事

2018年07月27日

銀の太陽光発電向け需要が2024年までに40%減少

銀の太陽光発電向け需要が2024年までに40%減少
銀価格が下げる中、太陽光発電で使用される銀の量を節約する傾向は続くようです。 太陽光発電向け銀の需要は、2020年半ばには世界的に40%減少すること ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電、太陽光発電所を「シェア」 顧客参加型サービス
中部電力は23日、太陽光発電所を疑似的に所有して「シェア」し、電気料金の精算などに使えるサービスを始めると発表した。イベント参加などでも電気を得ること ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電、太陽光発電所を疑似所有 電気料金精算にも
中部電力は23日、太陽光発電所を疑似的に所有し、電気料金の精算に使えるサービスを始めると発表した。イベント参加などでも電気を得ることができる。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
老朽化した水力発電所 福岡県が黒字化・設備更新の計画を公募
福岡県企業局は、県内の老朽化した2か所の水力発電所の設備を更新するため、課題と解決策を検討する事業者を8月10日まで公募する。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ハイズオン省、廃棄物発電プラント開発へ
ベトナム北部のハイズオン省人民委員会はこのほど、カムザイン県に建設予定の廃棄物発電プラントの開発を承認した。英領バージン諸島に拠点を置く ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
スーパーの屋上に太陽光発電+植物工場 毎朝8時収穫、1時間後には店頭販売
ベルギー・ブリュッセルにて、アホールド・デレーズのグループが2017年10月より開始した「小売スーパー統合型」屋上ファームの収穫がこの夏、ピークをむかえて ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
鳥羽の特高メガソーラーにみる、金融手法を駆使する再エネベンチャーのこだわり
三重県鳥羽市の山林で、太陽光パネル容量約16.5MW、パワーコンディショナー(PCS)の定格出力12MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「RJ鳥羽太陽光 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
時代は再生可能エネルギー
再生可能エネルギーのこれからの可能性は非常に大きい。風力発電でいえば、外国では500メガワット級の非常に大きな風車もある。日本でも十分な強度を持っ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
コンビニを燃料電池で省エネに、AI搭載の融雪システムも導入
SOFCは熱負荷の低いコンビニに適した、発電中心のコージェネレーションシステム(CGS)を採用。定格発電出力は3kW(キロワット)で、発電効率52%(LHV)を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東京都 駅舎に太陽光パネル、鉄道会社に助成
東京都は太陽光発電の普及へ、都内の鉄道駅舎にソーラーパネルを設置する費用を助成する。鉄道会社に1駅当たり2億円を上限に必要な費用の3分の2を給付 ...
posted by Mark at 09:54| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード