最近の記事

2018年07月19日

2018-7-18


発電
毎日更新  2018年7月18日
ニュース 
原発再稼働で石油火力ゼロに 九電、川内発電所停止へ
九州電力は17日、石油火力の川内発電所(鹿児島県薩摩川内市)1、2号機を停止すると発表した。九電は既に、このほか2カ所ある石油火力発電所の廃止や ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
洋上風力発電で脱原発 欧州企業も注目
アジア初の「脱原発」実現を目指す台湾の蔡英文政権は、世界トップクラスの強風が安定して吹く台湾海峡で洋上風力発電開発に本腰を入れている。洋上風力 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
九州電力、石油火力による発電ゼロへ=玄海原発3、4号機再稼働で
九州電力は17日、佐賀県玄海町の玄海原発3、4号機の再稼働に伴い、火力発電所4カ所の7基を廃止、停止すると発表した。このうち6基が石油火力発電で、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
贈収賄事件舞台の発電所、建設を一時中止
インドネシアの国営電力PLNのソフィアン社長は16日、リアウ州の「石炭式蒸気発電所(PLTU)リアウ1」建設事業を、同発電所をめぐる汚職事件の司法手続きが ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
シャン州の発電所、稼働継続へ認可待ち
ミャンマー北東部シャン州のティジット石炭火力発電所が試験運転を終え、本稼働に向け大統領府からの認可を待っている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が16日 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【材料】JESCOHDは急反落、太陽光発電関連工事の工期遅れなどで18年8月期営業利益予想を下方修正
国内EPC事業の太陽光発電関連工事で工期の遅れが生じたことに加えて、コスト上昇などが響いた。なお、純利益は固定資産売却益の計上などがあり、2 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
岐阜県に新しい木質バイオマス発電所(6.8MW) 燃料は未利用材など
タクマ(兵庫県尼崎市)は7月12日、木質バイオマス発電事業会社の岐阜バイオマスパワー(岐阜県瑞穂市)より、バイオマス発電設備を受注したと発表した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ウェブ 
丸紅がインドネシアで98MWの地熱発電
丸紅は、インドネシアのスマトラ島南部で地熱発電所の着工を開始した。発電規模は 98.4MW。運転開始は2020年8月を予定。その後30年間にわたり保守・運転 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【激動・朝鮮半島】金正恩氏が発電所など視察で
【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮国営メディアは17日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が視察した北東部、咸鏡北道(ハムギョンプクト)の発電所建設 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
九電が火力発電3基停止へ 玄海再稼働で供給増 燃料高の石油火力は稼働ゼロに
九州電力は17日、石油火力の川内発電所1、2号機(鹿児島県薩摩川内市、出力計100万キロワット)と液化天然ガス(LNG)火力の新小倉発電所4号機(北九州 ...
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 22:17| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード