最近の記事

2018年07月05日

16.8万世帯分を発電する大型バイオマス事業、レノバがプロファイ組成

16.8万世帯分を発電する大型バイオマス事業、レノバがプロファイ組成
年間発電量は一般家庭約16万8000世帯の年間使用電力量に相当する約50000万kWh(キロワット時)を見込む。売電単価は24円/kWh(一部32円/kWh)。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
プルサーマル発電とは
プルサーマル発電使用済み核燃料を再処理したプルトニウムとウランを混ぜてウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を作り、一般的な原発で発電する。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
サハ共和国の風力発電に向け、まもなく風車建設開始
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)によれば、ロシアのサハ共和国ティクシ市で行われる風力発電プロジェクトに使用する風力発電機3基分の部品 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
「奇跡の水車」4日に引退…芦川第三発電
市川三郷町高萩の東京電力の水力発電所「芦川第三発電所」で、106年間使われてきたドイツ製の水車が4日、引退する。明治から平成まで、4時代にわたって ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【世界初】ガソリン式発電機に代わる世界初の電源装置「G-CROSS(ジークロス)」が、JECA FAIR2018 第 ...
MIRAI-LABO株式会社が独自開発した「リフィルバッテリー式発電機G-CROSS」が、 ... 電力の切れ目:ガソリン式発電機は給油中にエンジンを切る必要がある。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
  
 
着工へ説明会、パネル減も住民反発 /三重
志摩市磯部町の的矢湾奥の大規模な太陽光発電所建設計画で、開発会社「ジー・スリーホールディングス」(東京)が3日、市磯部生涯学習センターで地元説明会 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
国営電力、ガスエンジン発電所を着工
インドネシアの国営電力PLNは2日、中スラウェシ州バンガイ県でルウック・ガスエンジン発電所を着工した。発電容量は4万キロワット。投資額は5,210億ルピア( ...
posted by Mark at 11:33| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード