最近の記事

2018年07月05日

再エネ発電の出力抑制秋にも不可避九州の需給バランスに「黄信号」

再エネ発電の出力抑制秋にも不可避九州の需給バランスに「黄信号」
太陽光発電をはじめ、再生可能エネルギーの発電量が増加の一途をたどる九州で、電力の需給バランス維持に黄信号がともる。離島では増えすぎた発電量を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電施設で披露式 印南町
和歌山県印南町の樮川と羽六にまたがる山林(約27ヘクタール)に完成した風力発電施設で2日、披露式があった。建設会社や地元から関係者ら約60人が出席 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
農業と太陽光発電の両立!ソーラーシェアリングとは?
日本の農地が減り続けている。おもに宅地への転用や耕作放棄地の増加などによって1961年に約609万ha(ヘクタール・以下同)あった農地は、2016年には ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
小水力発電でエネルギー地産地消、地域新電力が鹿児島で
鹿児島県日置市の地域新電力であるひおき地域エネルギーが手掛ける小水力発電所が稼働を開始。発電した電力は産地消の電気として地域内で使用する。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
政府、発電所事業の見直し本格化
マレーシア政府はナジブ前政権下で認可された複数の発電所事業のうち、事業性評価の見直し作業を本格化させている。2日付マレーシアン・リザーブが消息筋 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日成ビルド、栃木の同業を子会社化 太陽光発電に強み
プレハブ建築などを手掛ける日成ビルド工業は2日、栃木で建設業を展開するアーバン・スタッフを子会社化すると発表した。日成ビルドは太陽光発電事業への ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大規模バイオ発電実現へ ユナイテッド計画が資本増強
現在計画中の大規模バイオマス発電所の開設や高効率燃料の開発などに充て、株式上場を目指す。ただ発電所の建設予定地については、環境アセスメントの ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電所以外」の温室効果ガス、依然として打つ手なし
温室効果ガス削減と聞くと火力発電所の置き換えに関心が向かいがちだ。だが、火力発電所以外にも、航空、海運、セメント製造・製鉄などの多量の温室効果ガス ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世界最大の太陽光発電展示会「SNEC2018」報告 ― 縮小に転じる?中国市場の動向
国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
沖縄ガスがバイオ発電/下水汚泥を活用、糸満市と合意
糸満市浄化センターの下水処理工程で発生する消化ガスを燃料に、新設するガスコージェネレーションシステムで発電し、近隣の工業団地に供給する。廃熱は ...
posted by Mark at 11:31| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード