最近の記事

2018年06月24日

2018-6-23


発電
毎日更新  2018年6月23日
ニュース 
停電想定での自家発電機検査、5年以上実施せず 国循
大阪府北部を震源とした今回の地震で被害を受けた国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は、1年1回と定めている停電時の非常用自家発電機の保安検査 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
米テスラ、人員削減で太陽光発電事業を大幅縮小へ
ロサンゼルス/サンフランシスコ 22日 ロイター] - 米電気自動車メーカー、テスラ(TSLA.O)は先週、9%の人員削減を発表、住宅用太陽光発電事業は縮小を迫 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
電力自由化時代、発電事業の収益を市場活用で最大化する方法とは
この流れにおいて発電事業者には長期電力販売契約をベースに安定的に収益を確保するビジネスモデルから、複数市場を通じて収益を最大化するビジネス ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
体温と大気の温度差で発電
早稲田大学と大阪大学、静岡大学の研究グループは、体温と大気などのわずかな温度差で発電できる技術を開発した。熱電発電素子という半導体の一種。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
国立循環器病センター、自家発電5年間点検せず
国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は22日、大阪府北部を震源とする18日の地震発生後、自家発電機からの送電線が故障していたことを明らかにした。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
長崎)福島向け最新鋭発電設備を初出荷 三菱日立パワー
長崎市香焼町の三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の長崎工場で22日、世界最新鋭の石炭ガス化複合発電IGCC)用の圧力容器の出荷が始まった。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
期待の海洋エネルギー発電、日本の導入ポテンシャルマップを公開
みずほ情報総研と九州大学、鹿児島大学は、このほど日本の海洋エネルギー発電に資する資源量分布図「海洋エネルギーポテンシャルマップ(地域詳細版)」を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
凸版印刷、環境発電で駆動する電子ペーパー開発
凸版印刷は2018年6月、環境発電エネルギーハーベスティング)技術で動作する電子ペーパーを開発したと発表した。無線通信規格「EnOcean」に対応するIoT( ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
NTNがマイクロ水力発電
NTNは電力小売りに対応したマイクロ水力発電機を開発した。ダムのように水の落差のない場所でも水流があれば発電が可能で、全国各地の農業用水路での ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
群馬)御巣鷹地下に秘密基地? 神流川発電
1985年夏、日航ジャンボ機が墜落した群馬県上野村の御巣鷹の尾根。その険しい山中に秘密基地のような巨大な発電所があると聞き、訪ねてみた。 その名は神 ...
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 18:30| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード