最近の記事

2018年06月17日

2016-6-15


発電
毎日更新  2018年6月15日
ニュース 
京王電鉄、岩手県宮古市で太陽光発電事業 2019年秋に開始
京王電鉄は、岩手県宮古市にある同社所有の土地2カ所で、2019年秋より太陽光発電事業を開始すると発表した。 これは、「再生可能エネルギー固定価格買取 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
【電子版】シーメンス、発電所向け大型ガスタービン事業 売却検討
ドイツのエンジニアリング会社、シーメンスは発電所向け大型ガスタービン製造事業について売却を含む戦略的な選択肢を検討している。事情に詳しい複数の関係 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
4NEW – 廃棄物発電を利用した電力をトークン化するプロジェクト
本記事では、4NEWと呼ばれるイギリスのプロジェクトを紹介します。 4NEWは廃棄物発電により、指数関数的に増え続けるマイニングに消費電力の問題を解決 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
糖で発電、バイオ燃料電池 吉野電化工業など開発
吉野電化工業(埼玉県越谷市)は小型の酵素型バイオ燃料電池を開発する。動物の体液や果物の果汁に含まれる糖を使って発電する。同社のメッキ技術で、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
田淵電機が急動意、ソフトバンクのインド太陽光発電事業を思惑視
ただ、一部でソフトバンクグループ(9984)がインドでの太陽光発電事業に巨額の投資を実施する方針を固めたと伝えられたことが思惑材料となっているようだ。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
九電のスマトラ地熱発電3号機が営業運転
九州電力がインドネシア・スマトラ島のサルーラ地区で建設してきた地熱発電所の3号機(出力10万9千キロワット)が、営業運転を始めた。 同地区で計画した3基 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
火星開発、電気自動車、太陽光発電… 驚異の起業家、イーロン・マスク氏の行動原理とは
話題の書籍のダイジェスト版を紹介する連載「Book Navigator」。今回は『イーロン・マスク 世界をつくり変える男』(竹内 一正 著、ダイヤモンド社、2018年1月)を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
長野県内の産学官、長野エネルギー開発を支援対象に
長野県内の産学官でつくる「環境エネルギー分野の産業化研究会」は14日、新たな支援対象として長野エネルギー開発(長野県須坂市)の小水力発電による ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
世界最大の再生エネ発電所を仏領ギアナに建設=仏HDFエナジー〔BW〕
【ビジネスワイヤ】再生可能エネルギー技術の仏HDFエナジーは、再生可能エネルギー貯蔵能力が世界最大の発電所を、仏領ギアナに建設すると発表した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告 
ソニー生命、8基目となる太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈
そらべあスマイルプロジェクト」としては、福井県に対して今回の寄贈は初めてとなり、この6月18日に同幼稚園にて「そらべあ発電所寄贈記念式典」を開催するとの ...
Google PlusFacebookTwitter


posted by Mark at 16:46| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード