最近の記事

2018年06月04日

太陽光発電のトラブルにつながる雑草、知っておきたい代表種 (1/4)

太陽光発電のトラブルにつながる雑草、知っておきたい代表種 (1/4)
前回の記事では、雑草が現在の太陽光発電所に与えている影響やリスクについて説明しました。今回はさらに一歩踏み込み、発電所内に植生する代表的な雑草 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【eco最前線を聞く】バイオマス発電に間伐材を有効利用
住友林業は住友大阪セメント、JR東日本と共同で八戸バイオマス発電(青森県八戸市)を設立、営業運転を開始した。住友林業グループは再生可能エネルギーの ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
EVを電力の需給調整に活用、「仮想発電所」の構築実証がスタート
バーチャルパワープラント(VPP)技術は、家庭や工場などに点在する太陽光発電などの再生可能エネルギー、蓄電池などをネットワークでつなぎ、あたかも1 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
茨城)発電機相次ぐ盗難、何のため 転売?同一犯疑いも
茨城県西地域の消防団詰め所や水戸市の市民センターで3〜4月、発電機が22台盗まれる事件があった。いずれも小型発電機で、単価は3万〜10万円ほど。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
レーザー光で発電して空を飛ぶ! ケーブルレスで極小の「ハエ型ロボット」、米研究チームが開発(動画あり)
電力供給用のケーブルなしに羽ばたく超小型の「ハエ型ロボット」を、米大学の研究チームが開発した。極小のソーラーパネルにレーザー光線を当てて発電する ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋エンジが続伸、大林組と共同でバイオマス発電所建設プロジェクトを受注
東洋エンジニアリング<6330.T>が続伸している。この日、大林組<1802.T>と共同で、大林神栖バイオマス発電東京都港区)が茨城県神栖市に計画している50 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ネクストエナジー、環境負荷の軽減を目指してリユースモジュールを利用した自社太陽発電所を建設
この度竣工した発電所は、駒ヶ根市の所有する伊南清掃センター(可燃物焼却場)跡地を借受けて、6749.1m2の敷地に、5種類のリユースモジュールを計1,202枚 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
所沢市など地域新電力を設立、太陽光・ごみ発電から調達
地域の太陽光発電や廃棄物発電などの再生可能エネルギーを主な電源として、10月から所沢市の公共施設や民間の高圧需要家に順次電力供給する予定。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電計画、これまでに約150件
ベトナム商工省がこれまで省市や投資家から基本計画への採用申請を受けた太陽光発電計画は約150件あり、発電設備容量の合計は1,600万キロワット ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
パグビラオ発電所3号機、正式に稼働
丸紅と東京電力が資本参加するルソン島中部・ケソン州のパグビラオ石炭火力発電所で、5月31日に3号機が正式稼働した。出力は42万キロワット(kW)。同島の ...
posted by Mark at 17:33| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード