最近の記事

2018年06月04日

地域支える小水力発電 多気・勢和で6年かけ安定供給 中日新聞 多気町勢和地区を流れる立梅用

地域支える小水力発電 多気・勢和で6年かけ安定供給
多気町勢和地区を流れる立梅用水(たちばいようすい)を活用した全国でも珍しい地産地消型の小水力発電装置「彦電」が先月下旬、本格稼働を始め、地域での ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
CO2を完全に回収、アラム・サイクル方式の実験発電所が稼働
パイロット・プラントは50メガワットの天然ガス発電所で、二酸化炭素自体を使って発電する。すなわち、二酸化炭素を高温と高圧によって「作動流体」に変換して、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
託送料、発電側も負担へ 新制度案とりまとめ
現在、電力利用者が電気料金を通じて負担している大手電力会社の送配電線の利用料「託送料金」について、再生可能エネルギーを含む発電事業者が一部負担 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
トランプ米大統領、経営難の石炭発電所や原発の救済措置を指示
ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日、経営難の石炭火力発電所や原子力発電の稼働を継続させるための緊急措置を取るようエネルギー省に ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
Jクラブ名の発電所誕生 湘南電力が命名
この契約締結により同社が取得した「対象発電所の愛称付与」の権利を活用して5月19日、同社は発電所名に湘南ベルマーレの名前を冠したことを発表した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
住商、仙台発電所をバイオマス専焼へ=石炭混焼から計画変更
住友商事は1日、仙台市で進めている発電所建設計画について、石炭バイオマス混焼からバイオマス専焼に変更したと発表した。営業運転の開始時期も当初計画 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
CRE/太陽光発電事業を投資対象とする私募ファンド組成
シーアールイー(CRE)は6月1日、管理する物流施設の屋上を利用した太陽光発電事業を投資対象とする私募ファンドを組成したと発表した。 <ロジスクエア新座 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中古EVバッテリーを太陽光発電の蓄電池にリユースする事業 インドで調査へ
例えば、時間変動の大きな再生可能エネルギー発電と系統電力を安定的に運用するためには、蓄電池の導入設置が必要となる。 今回の調査事業は、経済産業 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中国の海外プロジェクトがまた頓挫、水力発電所計画が中止に―中国メディア
ロイターによると、ネパール政府は29日、中国三峡グループによる開発が決まっていた発電量750メガワットの水力発電所建設計画を中止すると発表した。
posted by Mark at 15:28| Comment(0) | 水力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード