最近の記事

2018年06月04日

太陽光発電所設置 環境アセス対象に 中日

 
 
20年に発電コスト14円、NEDOが太陽光の研究テーマ
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は太陽光発電発電コスト低減を目指す開発プロジェクト2事業において、新たな技術開発テーマを採択した ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
別府市が温泉発電に「待った」、条例に込めた意思
固定価格買取制度(FIT)が生んだ太陽光発電バブルは、バイオマス発電、小型風力、そして温泉発電へと飛び火している。温泉地が不安を募らせるなか、日本一 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
別府市が温泉発電に「待った」、条例に込めた意思
今回の条例改正は、日本を代表する温泉資源がある別府市からのメッセージ。一言に温泉といっても、泉質や文化的な背景、観光業への影響は様々。これを契機 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
関電など17社、仮想発電所実証 EV100台規模、短時間で制御
関西電力や富士電機など17社は30日、仮想発電所(バーチャルパワープラント、VPP)構築に向けたネットワーク実証実験を行うと発表した。経済産業省のVPP ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大林組、300億円投じ茨城県でバイオマス発電
大林組は約300億円を投じ、同社で2カ所目となるバイオマス所を茨城県に建設し、2021年夏の営業運転を目指す。約11万世帯の電力消費量に当たる51.5 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東電、発電所の運転受託 本業周辺に事業拡大
東京電力ホールディングス(HD)は発電所の運転・保守の受託に乗り出す。まず福島県広野町で三菱商事が主導する石炭火力発電所を受注した。収入は年1 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電の対象拡大 静岡県、業者に環境アセス義務化方針
静岡県は31日、一定規模以上の太陽光発電所を設置する事業者に環境影響評価(アセスメント)を義務付ける方針を固めた。無秩序な開発行為を抑止し、本県の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大林組、バイオマス発電に300億円
大林組は約300億円を投じ、同社で2カ所目となるバイオマス所を茨城県に建設し、2021年夏の営業運転を目指す。約11万世帯の電力消費量に…
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
農地活用し太陽光発電 ソーラーシェアリング連盟設立シンポ
農地を太陽光発電に生かす取り組み「ソーラーシェアリング」の普及を目指す「ソーラーシェアリング推進連盟」が発足し、これを記念したシンポジウムが三
posted by Mark at 15:27| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード