最近の記事

2018年05月27日

2018-5-23

3号機 高い発電効率
中国電力は23日、新規稼働に向けた手続きを開始した島根原子力発電所3号機(松江市)に関する地元自治体向けの説明会を、松江市のくにびきメッセで開いた ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
3号機、発電機の信頼性向上へ 火山灰対策、交換式フィルター導入 /香川
四国電力(高松市)は伊方原発3号機(愛媛県伊方町)にある非常用ディーゼル発電機2台の火山灰対策として、カートリッジ式フィルターの導入を進めていると ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東電FP、AIで火力発電最適化 印タタとモデル開発
残り:409文字/本文:409文字). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ・ ログインして記事本文を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電設備「そらべあ発電所」を宮城県の保育園に寄贈
ソニー損保は、環境保全への取組みの一環として、宮城県石巻市の保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈します。今回の寄贈を記念し、「そらべあ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽熱発電の完成期限延期、建設難航で
中国国家エネルギー局はこのほど、太陽熱発電のモデル事業に対して設定していた完成期限について、当初の2018年末から2年延期して20年末に変更すると ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水とCO2で発電 大阪市大、バイオ燃料電池開発 ギ酸も生成
大阪市立大学人工光合成研究センターの天尾豊教授らは、水と二酸化炭素(CO2)を原料に太陽光で発電しつつ、ギ酸を生成するバイオ燃料電池を開発した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
省エネ設備改善を助言 アイフォーコム 太陽光発電などコンサル拡大
情報システム開発のアイフォーコム(相模原市)のグループ会社、アイフォーコム・スマートエコロジー(同)は事業所向け省エネ対策のコンサルティング事業を拡大 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大幸産業、廃食油発電能力2.6倍 出力830kWに
【那覇】大幸産業(沖縄県沖縄市、大城實社長、098・937・0778)は、廃食油による発電事業で発電能力を従来比約2・6倍に増強した。本社内の沖縄バイオマス ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
IFC、水力発電の環境評価報告書を発表
世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は、ミャンマーの水力発電事業についての戦略的環境影響評価(SEA)報告書を発表した。報告書の作成には、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電事業者、水上太陽光発電事業など推進
韓国電力公社系の発電事業者である韓国西部発電が、再生可能エネルギーの事業発掘に本腰を入れる。再生可能エネルギーへのシフトを掲げる韓国政府の ...
posted by Mark at 00:04| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード