最近の記事

2018年05月27日

2018-5-23

風力発電所建設 安全祈願
年間総発電量は約1億キロ・ワット時で、約2万世帯の使用量をまかなえるといい、全量を関西電力に売却する。最も近い民家まで約1キロ離れており、騒音などの ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東電FP、火力発電所の運営にAI活用
東京電力ホールディングス(HD)傘下で火力発電事業などを担う東京電力フュエル&パワー(FP)は22日、火力発電所の運営に人工知能(AI)を活用すると発表 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
溶岩流が地熱発電所に到達、爆発の恐れも ハワイ噴火
(CNN) 米ハワイ州ハワイ島で噴火を続けるキラウエア火山は22日午前、再び山頂で爆発的噴火を起こした。流れ続ける溶岩は地熱発電所の敷地に達し、当局 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電、流れ込み式水力発電所 20年ぶり新規着工
中部電力は、長野県阿智村および飯田市に、出力5.6MWの流れ込み式水力発電所「清内路水力発電所」の建設工事を2018年5月17日に開始したと発表した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ドイツ、送電網拡充なら石炭火力発電能力の半減可能=政府高官
フランクフルト 21日 ロイター] - ドイツ連邦ネットワーク庁のホーマン長官は、送電網の拡充とガス火力発電所の増設が予定通り実現すれば、2030年までに石炭 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東電発電子会社、印タタ日本法人とAIで提携
東京電力ホールディングス傘下の発電子会社、東京電力フュエル&パワー(FP)とインドIT(情報技術)大手の日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは22日、人工 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ドイツ、送電網拡充なら石炭火力発電能力の半減可能=政府高官
写真・図版 5月21日、ドイツ連邦ネットワーク庁のホーマン長官は、送電網の拡充とガス火力発電所の増設が予定通り実現すれば、2030年までに石炭火力発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
60人完成祝う 待矢場三栗谷 /栃木
足利市の三栗谷用水土地改良区(三田隆俊理事長)と群馬県太田市の待矢場両堰土地改良区(木村実理事長)が共同管理する農業用水路に小水力発電所「待 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
県内最大、白馬山脈で着工 年間総発電2万世帯分 /和歌山
日高川、広川、有田川の3町にまたがる白馬(しらま)山脈で計画されている風力発電所「中紀ウインドファーム」の工事安全祈願祭が22日、建設予定地近くであっ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電所建設 安全祈願
平均風速6メートル以上という同山脈の尾根沿いは風力発電の好適地で、電気設備工事大手「きんでん」の子会社「白馬ウインドファーム」と、エコ・パワーの「 ...
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード