最近の記事

2018年05月26日

2018-5-22

中国とインド、世界の太陽光発電の急拡大をけん引−建設コスト低下で
インドと中国が、世界の大規模太陽光発電所開発の急速な拡大をけん引していることが、米研究機関エネルギー経済・財務分析研究所(IEEFA)の分析で明らか ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
住宅に太陽光発電を導入した理由、しない理由――消費者の本音は (1/2)
調査会社のマイボイスコムは、住宅用太陽光発電に関するインターネット調査を実施し、このほどその結果を発表した。 住宅用太陽光発電システムの設置率は7.7%で、前回の調査から0.3ポイントの微増にとどまった。 地域別では中部・中国・九州が各10%台と高くなっている。設置率の内訳は、太陽光発電を「自ら検討して ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電 需要の8割に 四国電、連休中に一時
四国電力は21日、需要が少ない大型連休中に一時、太陽光発電よる供給力が需要全体の8割に達したと発表した。昨年4月は6割超を記録しており、今回の比率は過去最高。環境負荷が少ないエネルギーとして存在感が高まる一方、天候に左右されやすく需給調整は難しくなっている。 5月5日正午〜午後1時の四国管内の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電 需要の8割に 四国電、連休中に一時
四国電力は21日、需要が少ない大型連休中に一時、太陽光発電よる供給力が需要全体の8割に達したと発表した。昨年4月は6割超を記録しており、今回の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
セブン、再生エネ5割のコンビニ エコな新店登場
セブン―イレブン・ジャパンは22日、店舗で使う電力の約5割を再生可能エネルギーでまかなう新店を開く。地面に太陽光発電のパネルを埋め込み、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」の電池を使って昼間に発電した電力を蓄える。商品の陳列をしやすくした新たな省力化設備も導入し、「ひとと環境に優しい店」を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電比率、四国・九州エリアで需要の8割超す
再生可能エネの出力制御」に現実味 2018年度に入り、九州と四国でエリア需要に占める太陽光発電の割合が一時的に8割を超えた。太陽光発電の系統接続量 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日成ビルド持ち株会社、ホテル・太陽光発電に参入
残り:245文字/本文:245文字). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ・ ログインして記事本文を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本アジア投資---北海道帯広市のメガソーラー発電所(4.4MW)の竣工式を開催
日本アジア投資<8518>は21日、同社が北海道帯広市で開発したメガソーラー発電所「帯広ソーラーパーク」について、2018 年 3 月の売電開始を記念し 5 月 16 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
34kmの地中送電を行う大規模風力発電所、青森県で2020年稼働
同プロジェクトは、再生可能エネルギー事業者大手のグリーンパワーインベストメント(東京都港区)が青森県つがる市で計画する陸上風力発電事業。2020年4月 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
農業を組み合わせる営農型の太陽光発電一時転用期間が3年から10年に
現状、再エネ(太陽光・風力・バイオマス・水力・地熱)を利用した発電設備を農地に設置する場合には、農地転用許可が必要になります。農地転用し発電する ...
posted by Mark at 23:57| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード