最近の記事

2018年05月21日

水素エンジンの燃焼技術を開発 科学技術振興機構  






















































水素エンジンの燃焼技術を開発




このような水素社会の到来に備えるため、すでに製品化されている自動車用や定置発電用の水素燃料電池に加えて、水素の用途を幅広く拡大する研究開発や ...











Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告



 
 
静岡県、農業+太陽光発電 実証実験へ




静岡県は17日、農地に太陽光パネルを設置する営農型太陽光発電の実証実験に向けたコンソーシアムの初会合を開いた。研究者や太陽光発電事業者、県の ...











Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告



 
 
平成30年度「地熱発電に対する理解促進事業費補助金」の1次採択事業を決定しました




本事業は地熱発電の導入を目的とした地熱資源開発の推進を図るため、地方公共団体や地熱資源開発事業者等が地域住民への地熱資源開発に対する理解を ...











Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告



 
 
アンモニアと燃料電池で直接発電、IHIが1kW級の発電に成功




IHIはアンモニアを燃料として直接供給する固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムを開発し、同社の横浜事業所(横浜市)で1kW級の発電に成功したと発表した ...











Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告



 
 
水素エンジンの燃焼技術を開発




これまで大型発電用の水素エンジンは、天然ガスエンジンに比べて出力および熱効率が低く、高負荷運転時に多くの窒素酸化物(NOx)が生成される技術的な ...











Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告



 
 

 
 
平成30年度「地熱発電に対する理解促進事業費補助金(一次公募)」の公募結果について〜九州管内の2 ...




九州経済産業局では、平成30年度地熱発電に対する理解促進事業(一次公募)について、以下のとおり2件の事業を採択しましたので、お知らせします。











Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告



 
 
東京電力、MRで発電所の現場業務支援 共同研究開始




5月17日、東京電力ホールディングス株式会社、株式会社ポケット・クエリーズは共同で、発電所や工場現場の業務支援にMR(Mixed Reality)を活用する研究を ...











Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告



 
 
風力発電計画に加森観光反発 ルスツリゾート運営「景観損なわれる」 板挟みの留寿都村、対応苦慮




【留寿都】米国系の発電会社、インベナジー・ジャパン合同会社(東京)が後志管内留寿都村で計画している風力発電所建設に関し、村内でルスツリゾートを運営する ...











Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告



 
 
発電所もインスタ映え 九電が公式アカウント開設




九州電力は写真共有アプリ「インスタグラム」の公式アカウントを開設した。九電やグループ会社の社員が撮影した九州一円の夜景や、発電所などの風景を、週 ...





posted by Mark at 14:22| Comment(0) | 水素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード