最近の記事

2018年05月10日

被災した高校跡地にメガソーラー、7700世帯分を発電

被災した高校跡地にメガソーラー、7700世帯分を発電
日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーと国際航業の連合体が宮城県名取市で開発を進めてい太陽光発電所「名取ソーラーウェイ」がこのほど完成し、2018年4月24日に竣工(しゅんこう)式を開催した。東日本大震災に伴う津波で被災した学校跡地を活用したメガソーラーで、年間7700世帯分の使用電力量に相当する ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本製紙、北海道でバイオマス発電 木質系で国内最大
日本製紙は北海道苫小牧市で、木質系の燃料を燃やすバイオマス(生物資源)発電所を建設する計画だ。出力は7万4900キロワットと、木質燃料だけを燃やす ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマス発電普及へ伐採木片を低コスト活用
北海道は樹木伐採後の木片や枝葉を木質バイオマス(生物資源)の燃料として低コストで活用するための実証実験に乗り出す。木片などを効率的に回収・ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
スキー場も併設した廃棄物発電施設 (1/3ページ)
ここは、強風のうなるデンマーク首都コペンハーゲン有数の高層建築の頂上だ。同国の有名建築家、ビャルケ・インゲルス氏が手掛けた総工費6億6000万ドル( ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
オリジン、NSW州揚水発電所の拡張検討
オーストラリアのエネルギー大手オリジン・エナジーが、ニューサウスウェールズ(NSW)州イラワラに保有するショールヘイブン(Shoalhaven)揚水発電所を拡張 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
4本のストリングの発電状況を比べ、不具合パネルまで特定
メガソーラー(大規模太陽光発電所)では、出力1MWで約4000枚、同3MW以上では1万枚以上の太陽光パネルを設置することになる。そして、稼動から時間が経過するほど、パネルの不具合や劣化などが一定の割合で発生する。 不具合をできるだけ早く発見し、適切に対処することが、火災などを防ぐ安全性や、売電損失を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
4本のストリングの発電状況を比べ、不具合パネルまで特定
メガソーラー(大規模太陽光発電所)では、出力1MWで約4000枚、同3MW以上では1万枚以上の太陽光パネルを設置することになる。そして、稼動から時間が ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
南北、境界地域に「平和発電所」の建設推進へ
韓国政府が南北境界地域に平壌(ピョンヤン)で使用中の2倍の電力を生産することができる「平和発電所」の建設計画を立てていると韓国メディアの京郷新聞が8 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
  
 
発電事業者、北朝鮮での発電所建設を検討
韓国電力の発電子会社である韓国東西発電が、電力が不足する北朝鮮での発電所建設を検討している。先ごろの南北首脳会
posted by Mark at 09:30| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード