最近の記事

2018年05月08日

第11回 ドイツ・テュービンゲン市――「仮想発電所」構築でシュタットベルケの収益向上

第11回 ドイツ・テュービンゲン市――「仮想発電所」構築でシュタットベルケの収益向上
このためシュタットベルケの中には、保有する発電設備を1つの大発電所のように運用して有効活用できる「仮想発電所」という新しいソリューションを導入して電力事業の黒字幅を拡大しようという動きが出てきた。代表例が、ドイツ南西の都市テュービンゲン(Tubingen)市を拠点とするシュタットベルケ、SWT(Stadtwerke ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
関電、苅田町でバイオマス発電、住重の循環流動層
関西電力は4月20日、同社の出資するバイオパワー苅田合同会社(福岡県苅田町)が、苅田町との間でバイオマス発電所を建設するための立地協定を締結したと発表した。また、住友重機械工業は4月25日、バイオパワー苅田合同会社からバイオマス発電設備を受注したと発表した。2021年10月の営業運転開始を目指す。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
静岡県、風力発電焼失で賠償請求 業者に8億円超
静岡県が同県御前崎市に設置した風力発電施設が焼失したのは、メーカーの「ヴェスタスウインドテクノロジージャパン」(東京都品川区)が保守点検を怠ったためとして、県が7日までに、同社に約8億5700万円の損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こした。提訴は3月6日付。 訴状によると、施設は2004年3月に発電を開始 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電の監視システムをサーバーレスで実現した話
幅広い業界で採用されるようになったAWSの知見を共有しようという趣旨ですでに3回の勉強会を行なっているX-Tech JAWSがJAWS DAYSにもやってきた。TrexEdgeの小川達さんは太陽光発電の遠隔監視システムのデータを収集・可視化する「ポケット所長」の概要や開発について説明した。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
徳島の離島で波力、潮流発電/阿南高専が開発、市と実証
四国電力阿南発電所(徳島県阿南市)近くの答島港で1日3往復の連絡船に乗り込み、30分も波に揺られると離島・伊島にたどり着く。人口200人に満たないこの島で、市と阿南工業高等専門学校(阿南高専、寺沢計二校長)が共同し、波力発電と潮流発電の実証実験が行われた。いずれも発電に成功し、装置の基本動作は ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
安価な素材で太陽光発電や風力発電の電力を蓄える「マンガン水素電池」の開発に成功
アメリカのDepartment of Energy(エネルギー省)は、化石燃料を燃やして二酸化炭素を排出する火力発電の割合を下げようと考えています。そのために有力なのが太陽光発電や風力発電すが、ともに発電量に大きな波があることと発電効率自体がそれほど高くないという欠点があります。そこで、発電した電力を一時的に ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
関電、苅田町でバイオマス発電、住重の循環流動層
関西電力は4月20日、同社の出資するバイオパワー苅田合同会社(福岡県苅田町)が、苅田町との間でバイオマス発電所を建設するための立地協定を締結したと ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
世界初の船舶型原子力発電所、北極海へ航行開始/ロスアトム
◇19年夏に発電開始予定/淡水生産や熱源需要も ロシアの国営原子力企業ロスアトムはこのほど、世界初となる船舶型原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ」の船体をタグボートで引っ張って航行する「曳航(えいこう)」の作業を開始した。今回は核燃料を装荷するため、船体を建造していた国営企業「統一造船会社」の ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
非常用発電機の点検厳格化、ビジネスチャンスの裏に潜む罠(後)
消防庁が公表の対象としている「例示」では、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などであり、非常用発電は含まれていない。消防庁に確認したところ、「各自治体によって判断は異なるが、消防庁としては非常用発電機の例示はしていない。そのため誤解を与える表現になっている」と回答している。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ヤンゴン管区政府、廃棄物利用発電を再入札
ミャンマー最大都市を管轄するヤンゴン管区政府が、廃棄物を利用した発電所の建設のための入札を再度実施する計画が明らかになった。2社が応札していたものの、うち1社が撤回したため。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが2日伝えた。 管区の担当者によると、廃棄物のサンプルを海外に送り、どのような ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
Fenteer 電話充電器 風力発電機 ミニ 小型 オルタネータ タービンレギュレータ
Fenteer 電話充電器 風力発電機 ミニ 小型 オルタネータ タービンレギュレータが発電機ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
posted by Mark at 12:19| Comment(0) | 新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード