最近の記事

2018年04月27日

大分の特産・麦焼酎のかすで発電 再生エネルギーの定着目指す 岩手日報

大分の特産・麦焼酎のかすで発電 再生エネルギーの定着目指す
麦焼酎の生産が盛んな大分県で、製造過程で出るかすを燃料としたバイオガス発電に地元の電力会社が乗り出す。かすの処理費用は高額で、メーカーを悩ませているといい、地元の新たな再生エネルギーとして定着させたい考えだ。 バイオガスの発電所を建設しているのは同県宇佐市の「未来電力」。県内を中心とする酒造 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
パナソニック、太陽光発電活用し途上国の開発支援
パナソニックは23日、創業100周年に合わせてアジアやアフリカなどの新興国や途上国を対象に、太陽光発電システムを活用した教育や地場産業の創出といった開発支援を始めたと発表した。十分な電力供給のない地域に太陽光発電蓄電システムや照明を寄贈するなどして、地域の発展や貧困解消を目指す。 まずは、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「波力発電」安定供給の道、沖縄の大学が小型装置
沖縄科学技術大学院大学(沖縄県恩納村)の研究室が、海岸に打ち寄せる波のエネルギーを活用した「波力発電の装置を開発した。消波ブロックなどの上にプロペラを備えた小型の装置を設置し、波の力で回して電気を起こす。実用化に向け、インド洋の島国・モルディブ政府と覚書を交わしており、5月上旬から同国の島で ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
木質バイオマス、長野に発電所 九電子会社や九電工
九州電力子会社で、再生可能エネルギー発電事業を手がける九電みらいエナジー(福岡市)や九電工などは長野県塩尻市に木質バイオマスの発電… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 春割実施中!日経電子版が5月末まで無料! 無料・有料プランを選択.
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
2年後スタート 発電所が参加する「容量市場」制度、徐々に明らかに
2020年度に予定されている容量市場の初回メインオークションでは、4年後の発電容量(kW価値)を取引する。このkW価値の受渡対象年度(実需給年)は2024年度となる。 そこで、同検討会は容量市場の業務項目と論点例について、kW価値の実需給開始を境として、業務項目を「実需給前業務」と「実需給後業務」に分けて ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電所のO&M(運用管理)・アセットマネジメント(資産管理)のテーマに特化した日本唯一の国際 ...
太陽光発電をはじめとした再生エネルギーの健全な導入のためにには、O&Mとアセットマネジメントを適切かつ効率よく行うことが不可欠です。国内外を問わず、O&Mサービスプロバイダー、資産・ポートフォリオマネージャー、IPP企業、投資企業、ディベロッパーやアドバイザーなど、アジアの太陽光発電市場で活躍する方々が ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「D材」でバイオマス発電 捨てられるはずの枝再利用
岐阜、愛知、富山、長野の国有林事業を管轄する中部森林管理局は23日、本年度事業の概要を発表した。岐阜県内では、個体数と被害の増加が予想されるニホンジカやイノシシの対策のほか、D材と呼ばれるこれまで捨てられていた枝をバイオマス発電料へ再利用する取り組みなどを進める。 昨年夏、御嶽山の高山帯でも ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「万葉の里風力発電所」24日に竣工式
風力発電所は日立系企業と地元企業が出資した「南相馬サステナジー」が運営する。防災集団移転に伴い市が取得した右田、海老地区の約2.6ヘクタールの土地を借り受け、海岸線に沿って風力発電所4基設置した。風車はドイツ製で3枚の羽根がある。回転直径は92メートルで、先端までは最高131メートルとなる。出力は1 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電会社ラチャブリ、豪子会社の全株取得
タイの発電会社ラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディングは20日、子会社RATCHオーストラリアの出資比率を80%から100%に引き上げると発表した。オーストラリアでの資産価値やプロジェクト開発価値の引き上げを狙う。 タイ証券取引所(SET)に… 関連国・地域: タイ. 関連業種: 電力・ガス・水道.
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電産業スマート化、3年計画で推進
中国工業情報省(工情省)などはこのほど、太陽光発電産業のスマート化に向けた2020年までの行動計画を発表した。製造工程の自動化や情報管理のIT化を推進する。 工情省や住宅都市農村建設省(住建省)、交通運輸省など中央6部門が共同で発表した。計画では20年までに太陽光発電産業で自動化やIT化、スマート化 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
関西電力、ダムの維持流量を利用した水力発電所を新設へー2021年11月に営業運転開始の予定
関西電力は2018年4月19日、岐阜県飛騨市河合町(かわいちょう)にある「下小鳥(しもことり)ダム」に、河川維持流量を利用した水力発電所「下小鳥維持流量発電所(仮称)」を新設すると発表した。下小鳥ダムは関西電力が保有しており、このダムを利用した「下小鳥発電所」(出力142MW=14万2000kW)を1973年から運営 ...
posted by Mark at 22:04| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード