最近の記事

2018年04月27日

風力発電施設を起工、来年4月の稼働目指す 飯舘

風力発電施設を起工、来年4月の稼働目指す 飯舘
出力3200キロワットの風力発電施設を、同社が運営する太陽光発電所(出力1万キロワット)西サイトの北側に2基建設。太陽光と風力を組み合わせた「クロス発電」を導入する。売電先の東北電力と契約した発電容量1万キロワットに達しない場合、風力発電を連系させる。合計で1万キロワットを超えないよう出力を制御する。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電施設を起工、来年4月の稼働目指す 飯舘
飯舘村などが出資する「いいたてまでいな再エネ発電」の風力発電施設(出力6400キロワット)の起工式は24日、村内の現地で行われた。12月落成、来年4月稼働を目指す。 約60人が出席した。同社の原隆之 ... [記事全文] ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
<消化ガス発電>下水処理で発生、余剰活用 多賀城・仙塩浄化センターで開始式
宮城県の仙塩浄化センター(多賀城市)で24日、汚泥処理で発生したガスを使った県内初の「消化ガス発電所」の開始式があった。1日から稼働しており、県と基本協定を結んだ環境設備メーカーの ... 下水処理によりメタンガスなどが年間258万立方メートル発生し、うち余剰分として焼却している30%を発電に活用する。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
テナガ、大型太陽光発電で21年の売買契約
マレーシアの国営電力会社テナガ・ナショナルは23日、大規模な太陽光発電プロジェクトで地場ハルプロ・エンジニアリングと21年間の電力販売契約(PPA)を締結したと発表した。ハルプロは、プロジェクトの施工主2社の特別目的会社(SPC)として機能する。 ハルプロは、設計・建設・運営・管理を一括して請け負う。施工主は、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
関電工ら/自社初のバイオマス発電所が稼働/地元材100%利用/林業振興に貢献
関電工と国産製材大手のトーセン(栃木県矢板市、東泉清壽社長)が設立した特別目的会社(SPC)が、前橋市に建設を進めてきた木質バイオマス発電所が完成し、営業運転を開始した。群馬県の森林組合などを通じて未利用間伐材と製材端材を調達する。燃料となる木材の年間使用量は約8万t。このすべてを県産材で賄い、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
「県北メガソーラー発電所」完成祝う 国見の浄化センター
福島県の第三セクターの発電事業会社「福島発電」(福島市)が国見町の県北浄化センター内に建設を進めていた県北メガソーラ発電所が完成し24日、現地で祝賀の式典が行われた。関係者が完成を祝った。 設備容量が1500キロワットで、発電量は年間で一般家庭約550世帯分を賄えると想定。発電した電気は東北電力 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
風力発電完成祝う 南相馬の津波被災地
南相馬市鹿島区の「万葉の里風力発電所」の竣工(しゅんこう)安全祈願祭は24日、区内南海老の風力発電所一号機付近で行われた。関係者が津波被災地に誕生した新たな大規模風力発電所の完成を祝い、運用の安全を願った。 祈願祭には約60人が参列した。神事の後、発電所を運営する南相馬サステナジーの佐々木 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本アジアグループ、名取の太陽光発電所落成
日本アジアグループ傘下の連合体が手がける太陽光発電所「名取ソーラーウェイ」(宮城県名取市)の落成式が24日、開かれた。震災で被災した学校の跡地に建てられ、日本ア… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
宮城の太陽光発電に投融資
東京都は24日、エネルギー分野に資金を供給する「官民連携再生可能エネルギーファンド」が宮城県名取市の太陽光所に投融資したと発表した。総事業費は約90億円で、都のほか民間企業も資金を出した。東日本大震災の復興支援や、周… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読み ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
新奥泉水力発電 中部電が完工式 河川維持流量を活用
中部電力は24日、静岡市に建設した「新奥泉水力発電所」の完工式を開いた。同社が所有する奥泉ダムの直下に建設。ダム付近の下流部で動植物保護や景観などの河川機能を維持するため、これまでダムから放流していた河川維持流量と呼ばれる流量を有効活用… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に
posted by Mark at 21:43| Comment(0) | 風力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード