最近の記事

2018年04月22日

東京センチュリー、台湾で太陽光発電 SankeiBiz

消防団詰所で連続被害、ポンプ車から発電機盗まれる
栃木県真岡市で消防団の詰所ばかりが狙われ、ポンプ車に積まれていた発電機が盗まれる事件が3件相次ぎ、警察は連続窃盗事件として捜査を始めました。 15日午前11時ごろ、真岡市横田にある消防団の詰所で「窓ガラスが割られている」と通報があり、警察が調べたところ、ポンプ車に積まれていた発電機1台が盗まれて ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東京センチュリー、台湾で太陽光発電
東京センチュリーは、台湾のシエル・テール、九電工、九電みらいエナジー(福岡市中央区)と共同で、シエルが開発した台湾の水上太陽光発電事業を行う特別目的会社(SPC)に出資することで合意した。東京センチュリーは国内79カ所で太陽光発電所を運営しており、今回のプロジェクトはエネルギー事業として初の海外直接 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
小水力発電所 3施設目稼働=揖斐川
揖斐川町西津汲に農業用水などを活用した小水力発電所が完成した。水資源として開発可能な河川のエネルギー量「包蔵水力」が日本一とされる県内では、環境面からも注目されており、同町内では3施設目の稼働となる。 完成した「名倉清流発電所」は先月30日、稼働開始。県が事業主体となり、総事業費3億900万円を…
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
上海電気、世界最大規模の太陽発電事業受注
中国電機大手の上海電気集団はこのほど、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで建設が予定されている世界最大級の太陽エネルギー発電設建設事業を受注した。同事業の投資総額は36億6,000万米ドル(4,140億円)という。14日付解放日報が伝えた。 同事業は、このプロジェクトはドバ… 関連国・地域: 中国-上海/中東.
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
いちご、土岐市にメガソーラー、パネルはトリナ製
太陽光パネルは中国トリナ・ソーラー製、パワーコンディショナー(PCS)は中国SUNGROW製を採用した。施工は松本電気設備(岐阜県多治見市)が担当した。 同発電所の稼働開始に伴い、同社の稼働済み発電所は累計39案件で合計出力111.52MWになる。また、来期以降の稼働予定(確定分)は、44 案件で合計約134MW ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本製紙、秋田市で風力発電所の竣工式を
日本製紙株式会社(以下「日本製紙」)は4月13日、株式会社ウェンティ・ジャパンと共同で秋田県秋田市に建設した風力発電所の竣工を記念して、関係者を集めて式を執り行ったと ...発電所の営業運転は1月から既に開始しており、得られた電力は「再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)」を活用して売電されている。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ベトナムの石炭火力発電事業に融資
このプロジェクトは、NS2PCがベトナム北部タインホア省ギソン地区において、発電容量1,200MWの石炭火力発電所を建設・所有・操業し、25年間に亘りベトナム国営電力公社に対して売電するものとなる。このプロジェクトは、日本企業が出資者として事業参画して日本の高い技術を用いて長期に亘り運営・管理に携わる海外 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
充電とはお別れ?自分の体温で発電するスマートウォッチとは
各メーカーからぞくぞくと登場しているスマートウォッチ。時間だけでなく、いろいろな機能があり便利ですよね。でも、意外に忘れがちなのが充電。そんな心配を解消したのが、「MATRIX PowerWatch(マトリックス パワーウオッチ)」です。 【次ページ】わずらわしい充電から解放されます▷. 1; 2 ・ Facebookでシェアする.
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
【先週の注目ニュース】体温で発電するスマートウォッチが国内上陸/耳を塞がない「Xperia Ear Duo」登場
【先週の注目ニュース】体温で発電するスマートウォッチが国内上陸/耳を塞がない「Xperia Ear Duo」登場. IT・デジタル モバイル. 2018年4月16日(月) 16 ... 温度差発電ソリューションを世界で展開する米MATRIX INDUSTRIES は、4月より日本にて事業展開を開始することを決定。MATRIXが実現する温度差発電の技術を用 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ヤマハ発、2輪技術で4輪参入
ヤマハ発動機は発電エンジンとして、既存の1気筒品か2気筒品の搭載を想定する。「できれば2輪車用をそのまま使いたい」(ヤマハ発動機モビリティ技術本部NPM事業統括部LMW開発部長の伊藤洋氏)考えである。既存の開発資産と生産ラインを生かしてコストを抑えられる。 同社のエンジン技術力は高い。株主の1社である ...
posted by Mark at 23:13| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード