最近の記事

2018年04月22日

社説/太陽光発電の19年問題−FITに頼らない事業構築を目指せ 日刊工業新聞

社説/太陽光発電の19年問題−FITに頼らない事業構築を目指
売電期間の終了を、固定価格買い取り制度(FITに頼らない再生可能エネルギー普及のきっかけにしたい。FITは2009年に「余剰電力買い取り制度」として始まった。家庭の太陽光パネルが発電し、使い切れなかった電気を10年間に限って固定価格で電力会社が買い取る制度だ。 太陽光発電協会(東京都港区)によると、09 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
国内再エネで最大「1GW」も、秋田県沖の洋上風力計画
エネ庁は、この新法による一般海域ルールを活用した洋上風力プロジェクトについては、固定価格買取制度(FIT)の買取価格を入札制にする方針を示している。 レノバが、採用する風力発電設備を大型化し、出力規模を2倍近くに増やしたのは、こうした入札によるプロセスに備え、事業性を高めておきたいとの思惑もありそうだ。
posted by Mark at 23:10| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード