最近の記事

2018年04月22日

株式会社神戸製鋼所に対し、「神戸製鉄所火力発電所(仮称)環境影響評価準備書」に対する勧告を行い ...

株式会社神戸製鋼所に対し、「神戸製鉄所火力発電所(仮称)環境影響評価準備書」に対する勧告を行い ...
経済産業省は、平成29年7月10日付けで株式会社神戸製鋼所から届出のあった「神戸製鉄所火力発電所(仮称)設置計画環境影響評価準備書」について、電気事業法第46条の14第1項の規定に基づき、兵庫県知事の意見及び環境大臣の意見を踏まえ、環境の保全の観点から経済産業大臣勧告を行いました。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大岳地熱発電所設備更新に着手…九電、出力16%アップへ
九州電力は、地熱発電所として九州で最も古い「 大岳 ( おおたけ ) 地熱発電所」(大分県九重町、出力1万2500キロ・ワット)について、1967年に営業運転を開始して以降初めて発電設備の更新工事に着手した。発電効率が高い最新設備を導入し、最大出力を現在より16%高い1万4500キロ・ワットに引き上げる。2020 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地熱バイナリー発電所に好反応 IRENA事務局長、福島県を視察
太陽光や地熱発電などの再生可能エネルギーの普及促進などに取り組む国際再生可能エネルギー機関(IRENA=アイリーナ、本部・アラブ首長国連邦)のアドナン・アミン事務局長が3日、福島市の土湯温泉を訪れ、温泉資源を使った地熱バイナリー発電などを視察した。 福島県の復興状況や再生エネを推進する姿勢を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
農地で太陽光発電 紫波町がシェアリング事業
紫波町は本年度から、農地で太陽光発電と農業を両立するソーラーシェアリング事業を推進する。再生可能エネルギー事業を手掛けるSBIエナジー(東京都)や東北銀行(盛岡市)などが支援し、地元業者が農事組合法人を設立して今年秋からモデル事業に乗り出す。町によると、自治体が率先してソーラーシェアリングに ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アククユ原子力発電所、今日建設開始へ
エルドアン大統領は、「今日、価値ある友人のウラジーミル・プーチン大統領と共に、トルコおよびトルコとロシアとの関係の未来のための重要な歩みとなる、200億ドル(日本の通貨で約2兆円)という巨大投資をしたアククユ(原子力発電所)の建設を開始する」と述べた。 エルドアン大統領は、メルシン県に建設されるアククユ ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
エルドアン大統領とロシアのプーチン大統領、アククユ原子力発電所の起工式で演説
アククユ原子力発電所の起工式を今日(4月3日)ここでプーチン大統領と共に行う喜びを味わっている。トルコは2017年に7.4パーセント成長した。共和国建国100周年には世界の10大経済大国の1国となることを目指している。この状況はエネルギー需要の増大を意味する。エネルギーの安全を向上させるという目標に沿って、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
八戸バイオマス発電/青森県八戸市で発電施設が稼働/焼却灰をセメント原料に [2018年4月4日3面]
住友大阪セメントら3社が出資する八戸バイオマス発電青森県八戸市、山本稔之社長)が八戸港付近に建設していたバイオマス発電施設が完成し、1日に営業運転を開始した。出力は12・4メガワットで、年間量は8・5万メガワット時を想定する。設備から出る燃料の焼却灰をセメント製造の原料として再利用し、新たな資源 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
深松組、富山県で小水力発電事業開始へ
土木建築業の深松組(仙台市)は富山県東部の朝日町で小水力発電事業を始める。同時に同町の100世帯余りが利用する簡易水道施設を新設する計画で、必要となる費用に売電収入をあてる。すでに対象の地区と事業開始で合意しており、2020年の事業開始を目指している。過疎化の進展などで社会インフラの維持が ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
旧鶴舞発電所にカフェがオープン…期間限定
昨年5月に国登録有形文化財に指定された小湊鉄道の「旧鶴舞発電所」(市原市池和田)に、期間限定のカフェがオープンしている。 施設は1925〜42年頃、駅舎や周辺地域に電力を供給していた同社の旧発電所。普段は非公開だが、カフェの出店期間中は特別公開され、施設内を見学できる。 カフェは富津市金谷のコーヒー ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
兵庫県神戸市における発電事業に関する会社分割(簡易新設分割)について
兵庫県神戸市における発電事業に関する会社分割(簡易新設分割)について」適時開示はPDFで閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
川内原子力発電所1号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書に係る補正書を再提出しました
当社は、川内原子力発電所1号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請について、3分割での申請をおこなっており、このうち、1分割目「原子炉補助建屋等に設置する設備」及び2分割目「新たに設置する建屋等」に係る申請について、これまでの審査を踏まえ、設備の申請時期の見直し及び記載の適正化を行い、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
九州電力が日本最古の地熱発電所の設備更新工事を開始、最新設備採用で出力を2MW引き上げ
九州電力は2018年4月2日、同社が運営する大岳(おおたけ)地熱発電所の設備更新工事を開始した。大岳地熱発電所は、大分県玖珠郡九重町(くすぐんここのえまち)に立地する日本最古の事業用地熱発電所。1967年8月の運転開始以来、50年以上に渡って安定稼働を続けてきた。今回は地熱資源をより有効に活用する ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
広域住民避難計画(島根原子力発電所事故対応)
鳥取県、米子市及び境港市では、島根原子力発電所での原子力災害時における住民避難の詳細等について記載した、「広域住民避難計画」を策定しています。 このたび、同計画で想定している避難経路、避難退域時検査会場及び避難先施設等を境港市民が確認する訓練を下記のとおり実施します。 本訓練を通じて、広
posted by Mark at 22:28| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード