最近の記事

2018年03月27日

FIT単価

2018年度の再エネ賦課金が6年連続の上昇で2.90円に、FIT単価は小型風力が55円から20円に確定
3月23日、経済産業省は、FITの2018年度の買取価格及び賦課金単価等を決定したと発表しました。買取価格については、小型風力の区分がなくなり、55円から20円になったことが大きな変化といえます。再エネ賦課金については、2.90円/kWhとなり、前年度から0.26円(約10%)増加しました。
Google PlusFacebookTwitter 関係のないコンテンツを報告
 
 
【特集】ダイキアクシス Research Memo(9):DCMグループ100店舗の屋根を利用する太陽光発電事業を ...
(1) 太陽光発電に係る売電事業ダイキアクシス<4245>は、DCMグループの店舗の屋根を賃借した太陽光発電による売電事業に乗り出す。2017年度の長期固定買取価格FITは21円/kWhで、経済産業省に100店舗分の申請を済ませており、2018年4月から着工する。一部稼働済の2018年12月期は売電収入が2億円に ...
posted by Mark at 23:33| Comment(0) | 改正省エネ法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード