最近の記事

2018年03月16日

気仙沼からエコ電力を購入…目黒区

気仙沼からエコ電力を購入…目黒区
目黒区と気仙沼市は友好都市協定を結んでおり、毎年秋には気仙沼の漁港で水揚げされるなどしたサンマをふるまう「目黒のさんま祭」が区内で行われている。 区環境保全課によると、購入するのは、気仙沼市の間伐材を使ったバイオマス発電会社「気仙沼地域エネルギー開発」の電気。「固定価格買い取り制度(IT)」で再生 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋上風力の拡大へ政府が新法案、一般海域の30年占用を可能に
発電事業者を公募選定については、「再生可能エネルギー固定価格買取制度」(FIT)と併せた運用になる。ただし、現状の風力発電のように一律の買い取り価格を適用するのではなく、入札制度で価格を決める。 政府はこの法案に基づいて創設する制度で、2030年度までに5区域を洋上風力発電事業の促進区域として指定する ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大分・日出町に53MW、カナディアンがメガソーラー建設
固定価格買取制度(FIT)に基づく買取価格は40円/kWh(税抜き)で、稼働後は九州電力に売電する。 プロジェクトファイナンスによる融資期間は、18.5年間となっている。2019年に債務返済調整を設け、東証インフラファンド市場に上場したカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人への売却の可能性を見込んでいるとしている。
posted by Mark at 18:36| Comment(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード